2019年08月19日

ドゥワンチャン

今どきの糸島のカフェは
なんだかみんな小奇麗になりすぎてしまって
オッチャンの私なんて、ちょっと近寄りがたく
感じてしまっておるわけですが。
そんな折、訪ねましたこちらの
タイ料理店の風貌は、
開拓当初の懐かしい糸島を
感じさせてくれると申しましょうか。
なんでも以前に民宿を営まれていた
家屋を改装して店舗にしているみたいですね。

それではユニバ・チェックから。
まず店前には舗装されていない
5〜6台は停めれそうな駐車スペースあり。

190808-1.JPG 190808-2.JPG
店内には靴を脱いで上がるスタイルで
玄関には40cmほどの
上がり框が存在しました。

190808-3.JPG
店内は古民家というわけではなく
まあちょっと面影が残る清潔感溢れる
空間となっておりました。
この日、我々は、窓の外に向かった
カウンター席に着席。
190808-4.JPG 190808-5.JPG
外には広々としたテラス席もあり、
そこからほんの数メートル先が海という、
波の音も間近に感じるものでした。
190808-6.JPG
さて、オーダーしたのは
「ランチセット」(1480円)。
メインとスープを選べるようになており
カミサンが「グリーンカレー」
わたくしめが「カオマンガイ」を選択。
190808-7.JPG 190808-8.JPG
スープはトムヤムクン。
デザートに「ジャスミンライス」が付いており
+250円で「ジャスミンティ」もいただきました。
190808-9.JPG 190808-10.JPG
タイ人シェフが作っているという料理は
どれも本場の味を感じれるもので
「ジャスミンライス」なんて初経験の
驚きのデザートでした。

それでは最後にトイレを拝見。
トイレはいったん玄関から外に出て
5〜6m先の小屋の中にあり
足元の段差はそりゃもういろいろなんですが
手すり関係のない洋式便器が
備わっておりました。

190808-11.JPG 190808-12.JPG 190808-13.JPG
あとこちらまでの道のりは、
都市高速の前原ICを出て唐津方面へ。
上深江交差点を右に折れ直進し
二丈支所入口交差点を左に折れると
やがて右側に見えてまいります。
190808-14.JPG

「ドゥワンチャン」鑑定結果:50ユニバ
福岡県糸島市二丈深江2129-18


あと、いろんなサイトにおける
この店の紹介記事は
コチラコチラなど。
posted by アサケン at 15:58| Comment(0) | 飲食店(カフェ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月19日

La Jolla(ラホヤ)

宗像大社に行く途中、
ランチに立ち寄ったのがこちらのカフェ。

それではユニバ・チェックをば。
まずは店の前に他店舗との共同の
広大な駐車スペースあり。

190704-1.JPG
入口は手動式の開き戸。
足元には段差ほとんどなし。

190704-2.JPG 190704-3.JPG
店内に入ると正面にレジカウンターがあり
ここでまず注文をしてから
席に着くというシステム。
カウンターの奥には厨房があり
飲食できるスペースは
入口窓側といったところで
そこにテーブル席や窓の外に向かった
カウンター席などがありました。

190704-4.JPG
さて、オーダーしたのは
タコスとスープとドリンクがセットになった
「タコスランチ」(900円)
タコスは選べるようになっており
選択したのは「ビーフタコス」。
牛肉と牛すじ肉のスパイシー煮込みに
たっぷりな野菜を入れたものだとか
そして、なんでもここの野菜たちは
裏庭で自家栽培なれたもので
摘みたてを味わえるらしいですな。
190704-5.JPG 190704-6.JPG
うんうん、ほんと野菜の存在感が大きい
サラダのようなタコスでございました。
というと肉が少ないのかと
思われるといけませんから言っときますと
肉も十分入っており、
男性でも食べ応えあるものでした。
ごちそうさまでした。

それでは最後にトイレを拝見。
第一の扉は吊り板式の引き戸で
足元にはレールの跡すらありませんでした。
そして、手洗い場の先に第二の扉があり
開き戸で足元には段差なし。
その先に手すり関係のない
洋式便器がありました。

190704-7.JPG 190704-8.JPG 190704-9.JPG 190704-10.JPG
場所は宗像大社のほど近く。
県道300号線と県道69号線が
交差するあたりにございます。

「La Jolla(ラホヤ)」鑑定結果:70ユニバ
福岡県宗像市神湊44-2


あと、いろんなサイトにおける
この店の紹介記事は
コチラコチラなど。
posted by アサケン at 15:51| Comment(0) | 飲食店(カフェ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月02日

ウエスト うどん居酒屋 天神店

オッサンひとり天神で飲む。
もう足腰もきついので
天神駅からそう離れたくないし。
しかも、お金もそんなに使いたくないし。
しかし、舌はそれなりに肥えておる。
という、そんなオッサンのわがままを
満たしてくれる居酒屋が…
あるかーーーー!
という声が聞こえてきそうだが。
あるんだなあ。

言わずとしれた福岡では有名な
うどんチェーン店だが、
この天神店、夜はうどん店というより
ほぼ居酒屋に変身するのである。
そしてここのうどんの特徴同様
安くてうまいのだ。
居酒屋メニューが登場したのは
確か3〜4年くらい前からだったかなあ。
今ではもう多くの人に認知されており
この日もお客さんでいっぱいでした。

それではユニバ・チェックをば。
190524-1.JPG 190524-2.JPG
以前に隣接したコチラ↓の店を
http://uinversal.seesaa.net/article/188690416.html
紹介した時に記したことがあるのだが
このビルと歩道との間には
かなりの下がる段差が存在しております。
が、隅の方にスロープが施されてあるので
車椅子の方はそちらからアプローチを。
入口は自動ドアと手動式開きドアの
二重ドアで足元には段差なし。
店内は入口から見ると
左手にカウンター、
右手と手前奥にテーブル席があり
カウンター席は固定式だったので
テーブル席の中央側なら
車椅子でもアプローチできるでしょう。

190524-3.JPG
さて居酒屋メニューですが
200円均一、300円均一、400円均一
と分かれており、オーダーしたのは
「ピーマン昆布」(200円)
「キムチ奴」(300円)
「いわしフライ」(300円)
「鶏天ねぎマヨポン酢」(300円)
そして「生ビール」は一杯360円ときた。
190524-4.JPG 190524-5.JPG
なんともハッピーな
メニューじゃありませんか。
今や天神には数少ない、貴重な
しゃれかぶってない居酒屋
と言えるのではないでしょうか。
ありがたや〜。

それでは最後にトイレを拝見。
開き戸の足元には段差なし。
手すりのない洋式便器と
男性用小便器が存在しました。

190524-6.JPG 190524-7.JPG 190524-8.JPG 190524-9.JPG
場所は国体道路沿い。
警固神社前交差点と
西通りへの入口の
間ほどにございます。

「ウエスト うどん居酒屋 天神店」鑑定結果:65ユニバ
福岡市中央区天神2-3-10


あと、いろんなサイトにおける
この店の紹介記事は
コチラコチラなど。
posted by アサケン at 15:01| Comment(2) | 飲食店(居酒屋) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月12日

ヒバリヒルズ

早いもので今年ももう5月ですね〜。
本日紹介するのは4月に行われた
「4月会」という飲み会の様子です。
なんのこたない4月生まれのオッサン3人が
集まって1年の反省や抱負もなにもなく
ただ飲むだけという会なのですが
ダラダラともう20年以上続いているんです。

会場となったのは元「ビアホール麦」の
店長をされていた方が去年独立して
オープンさせたこちらのダイニングバー。
その3人のオッサンの中の一人が
学生時代に「麦」でアルバイトを
していたことからも繋がっているお店です。

それではユニバ・チェックをば。
入口は手動式開き戸、
足元にはかなり急な段差解消板が
施されており、車椅子での入店は
ちょいと辛いと言わざるをえんでしょう。

190512-1.JPG 190512-2.JPG
店内は奥に長いフロアで、入口から見ると
手前にカウンター席、奥にテーブル席
入口近くにトイレがございました。

190512-3.JPG 190512-4.JPG
さて、いただいたのは
「HIBARI HILLS野菜プレート」(680円)
「生ハムとチーズのサラダ」(1200円)
190512-5.JPG 190512-6.JPG
「糸島豚のソーセージ」(3本800円)
190512-7.JPG
などなど。

ドリンクはビールやらワインやら
いろいろ飲んだのですが、
印象的だったのはハイボール。
炭酸がめちゃめちゃ美味だったのと
お祝いに駆けつけてくれた方が
持ってきてくれた金粉入りの氷で
飲んだものですから。そりゃもう
ハッピーな気分にさせていただきました。
190512-8.JPG 190512-9.JPG
長生きしてりゃイイことあるね
ってなもんです。

それでは最後にトイレを拝見。
開き戸の足元には段差なし。
手すりではないのですが
手が掛けられそうな棚のある
洋式便器でした。

190512-11.JPG 190512-10.JPG
場所は城南線の渡辺通西交差点を
高砂側に入りしばらく進んだところ
高木病院のある角を左に折れると
左側に見えてまいります。

「ヒバリヒルズ」鑑定結果:48ユニバ
福岡市中央区高砂1-18-5


あと、いろんなサイトにおける
この店の紹介記事は
コチラコチラなど。
posted by アサケン at 13:24| Comment(0) | 飲食店(ダイニングバー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月19日

かぜのたみ

春の陽気に誘われて
ちょいとおでかけグルメ。
訪ねたのは筑紫野市の山間の麓にある
こちらのお蕎麦屋さん。

それではまずはユニバ・チェックから。
店舗の裏側に店専用の駐車スペースあり。

190330-1.JPG
店舗の扉は手動式の引き戸で、
その足元には10cmほどの段差が一段、
その手前にも10cmほどの段差が一段。

190330-2.JPG 190330-3.JPG
さらに店内には
靴を脱いで上がるスタイルになっており
玄関の上がり框が50cmほど
存在しました。

190330-4.JPG 190330-5.JPG
なんでも築100年以上もする古民家を
改装されてお店にされてるご様子。
そりゃあ段差もいろいろ仕方なしでしょう。
190330-6.JPG 190330-7.JPG
この日は平日の昼間に訪ねたのですが
お客さんでいっぱいで、通されたのは
6〜7名は座れそうな相席用の
円形のテーブルでした。
こんな田舎の方なのにすごいですねえ。
190330-8-1.JPG 190330-8-2.JPG
さて注文したのは「そば振舞い」(1620円)。
そば料理を楽しめる御膳とのこと。
内容は前菜、そば粥、おむすび、
190330-9.jpeg 190330-10.JPG
そしてそばの単品より一品選べる
ということで、せいろを選択。
190330-11.JPG
最後にそばがきまで付きましたがこちらを
写真に収めるのを忘れてしまいました。
トホホ。しかし大満足の量でした。
なんちゅうか、田舎のおもてなしの
プライド的なものを感じた
とでも申しましょうか。
お客さんでいっぱいなのもうなずけます。
ごちそうさまでした。

それでは最後にトイレを拝見。
トイレは玄関近くのほうにあり
引き戸の足元には段差なし。
手すり関係のない洋式便器でした。

190330-12.JPG 190330-14.JPG 190330-13.JPG
あと、場所は
国道3号線は針摺交差点を東に入り
県道112号線をしばらく進んだところの
宝満橋交差点から左に入るとございます。

「かぜのたみ」鑑定結果:45ユニバ
福岡県筑紫野市天山587-1


あと、いろんなHPにおける
この店の紹介記事は
コチラコチラなど。
posted by アサケン at 15:44| Comment(0) | 飲食店(うどん、そば) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする