2018年12月12日

MINOU BOOKS & CAFE

さて、前回に引き続き
カミサンと2人で筑後ドライブ。
2軒目に訪ねたのがこちら。

築50年ものの元鮮魚店だったというビル
をリノベーションして
1階に「暮らしの本屋」をテーマとした
『MINOU BOOKS & CAFE』が
2階に暮らしにまつわるモノを売るお店
『生活購買店 reed』が入っておりました。
へ〜、おっしゃれ〜。
181128-1.JPG 181128-2.JPG
それではユニバ・チェックから
2階の雑貨店へは階段でしか上がれず
車椅子でのアプローチは無理でしょう。
1階のブック&カフェの入口は
手動式の開き戸。足元にも段差はあまりなく
車椅子でも入店できそうでした。

181128-3.JPG 181128-4.JPG
入口を入ると左手に書店スペース
右手にカフェスペースが広がっておりました。

まずは、書店の棚をちょいと覗くと
衣食住の関わるもののほか
思想や哲学、芸術の関する本も揃い
天神のブックカフェにいるかのような雰囲気。
181128-5.JPG
うきはというと、ちょいと郊外っていう
印象がありましたが、なんのなんの
クオリティは天神となんら変わりませんな。
失礼いたしました。
では、カフェにてティータイムをば
オーダーしたのは
「塩キャラメルマフィン」(340円)と
「MINOUブレンド」(450円)。
これがデザートセットになり
合計金額から100円引きになるとのこと。
181128-6.JPG 181128-7.JPG
ん〜コーヒーとマフィンの味わいも
なんとも都会的とでも申しましょうか。
吉井町は、ここの他にもパン屋さんや
雑貨屋さんなどなど、ほんと良店揃いで
ピンからキリまでの福岡市内なんかより
ずっとハイセンスな感じがいたします。
おみそれいたしました。
天神に嫌気がさしたころにまた来ま〜す。
181128-11.JPG
それでは最後にトイレを拝見。
引き戸の足元には段差なし。
手すり関係のない洋式便器でした。

181128-8.JPG 181128-9.JPG 181128-10.JPG
あと場所は国道210号線の
上町交差点から筑後川方面に入ると
すぐ左手に見えてまいります。
吉井町で有名なあの白壁の町並みが
周辺に見られます。

「MINOU BOOKS & CAFE」鑑定結果:68ユニバ
うきは市吉井町1137


あと、いろんなHPにおける
この店の紹介記事は
コチラコチラなど。
posted by アサケン at 16:34| Comment(1) | 飲食店(カフェ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月27日

Plantago(プランタゴ)

カミサンと2人で筑後ドライブ。
訪ねたのはうきは市は合所ダム近くにある
週末のみ開いている古民家カフェ。
店名の『Plantago』とは野草の「おおばこ」
からきているらしく、ここの
野菜ベーグルと摘み野菜料理を
目的に訪ねた次第。
使われている野菜たちは
50度洗い・低温乾燥・低温蒸し
が施されてあるそうですな。
オーナーはかれこれ3〜4年前に
箱崎で『ベジキッチン』を営まれていた
野菜料理家でもある女性。
脳梗塞で倒れたことをきっかけに
生活を見直しうきはに拠点を移されたそう。
ピンチをチャンスに変える姿勢には
熱く共感するところです。

それではユニバ・チェックをば
店舗すぐ横に4〜5台ほど停めれる
駐車スペースあり。

181122-1.JPG 181122-2.JPG
そこから玄関部分までは
まあ段差もいろいろございます

181122-3.JPG 181122-4.JPG
玄関は手動式引き戸で
屋内には靴を脱いで上がるスタイル。
そこには20cmほどの上がり框が
3段ほどございました。

181122-5.jpeg 181122-6.JPG
屋内では座敷や縁側の廊下に
テーブルがいつくか置かれており
我々2人は縁側から外を
眺めることができるテーブル席を希望。
外には緑が広がり、
下には小川も流れておりました。
181122-7.JPG 181122-8.JPG
もうこの席に座るだけで
癒されるって感じです。

さて、注文したのは
「ベーグルプレート」(コーヒー付1300円)
ベーグルは野菜・野草・果物
から選べ果物を選択。
プレートにはうきはのエネルギーが
いっぱいに詰まった品々が並び
まさに味わいたるや、滋味深く
身体が喜んでいるのが分かりました。
181122-9.JPG 181122-10.JPG
そして、プラス200〜300円だったかな
すみません忘れちゃったけど
えらい安いなあって印象でした。
追加でデザートプレートもオーダー。
これは絶対にいただいて正解だったと
その選択に感謝いたしました。

まさに精神も肉体も癒されまくりの
時間をいただきました。
ありがとうございました。

それでは最後にトイレを拝見
トイレは縁側廊下奥の引き戸の先。

181122-11.JPG 181122-12.JPG
足元の段差はほとんどなく
手すり付きの洋式便器がございました。

181122-13.JPG 181122-14.JPG 181122-15.JPG
場所は国道210号線から合所ダム方面へ
合所ダムを過ぎ5分ほどすると
右手に見えてまいります。

「Plantago」鑑定結果:50ユニバ
うきは市浮羽町新川4468


あと、いろんなHPにおける
この店の紹介記事は
コチラコチラなど。
posted by アサケン at 15:59| Comment(0) | 飲食店(カフェ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月30日

豆皿中華Q

自宅から地下鉄一駅で行ける
このエリアで飲む機会が
最近ほんと多くなりました。
今、福岡で最も目覚ましい変化を
遂げている六本松でございます。
そこに新しい複数のお店が軒を連ねる
新長屋のような一角が出来ており
その中の一軒におじゃました次第。
中華ダイニングバーとでも申しましょうか。
オープンしたのは今年の3月
のようですな。

それではユニバ・チェックから
歩道からのアプローチ部分には
その複数店舗が共有できる
スロープが施されておりました。

181009-1.JPG 181009-2.JPG
手動式開き戸の入口の足元やフロアにも
段差はほとんどありませんでしたし、

181009-3.JPG
車椅子でテーブルにつけるような
ところも多々ありました。

181009-4.JPG 181009-5.JPG
なんともカフェのようなポップなイメージが
印象的な店内でした。

さて、オーダーしたのは
メニュー表に「まずはコレ!」
と書いてあった豆皿9皿
がセットになった「Qセット」(990円)。
181009-6.JPG
そして、「中国一辛い」と書いてあった
「湖南マーラードーフ」(M690円)。
181009-7.JPG 181009-10.JPG
あとは「小籠包」(290円)、
「キューりのピリ辛一本漬」(390円)。
「砂肝のラー油和え」(190円)などなど
181009-9.JPG 181009-8.JPG
お味はどれも美味でございました。
さて、このスタイル、どこか懐かしいと
記憶の糸をたどったところ
ああっ、昔、天神にあった『新界』
に似てますな。懐かしい〜。
を、ちょっと小奇麗にした感じ(^^)
『新界』みたいに流行るといいですな。

それでは最後にトイレを拝見
開き戸の足元には段差なし。
でも幅が狭いので車椅子での
アプローチは難しいでしょう。
手すり関係のない
洋式便器がございました。

181009-11.JPG 181009-12.JPG 181009-14.JPG
場所は別府橋通りと
城南線が交差する交差点を
福岡簡易裁判所方面に入ると
すぐ左手にある小道の奥にございます。

「豆皿中華Q」鑑定結果:79ユニバ
福岡市中央区谷1-13-20


あと、いろんなHPにおける
この店の紹介記事は
コチラコチラなど。
posted by アサケン at 12:21| Comment(0) | 飲食店(ダイニングバー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月19日

焼き鳥ワイン酒場TORI-BUDOU薬院本店

友人に誘われてこの日訪ねたのは
ワインとあわせる
オシャレ系焼鳥屋さん。
なんでもあの高宮通り沿いにある
人気ダイニング『Tiny Boat』の姉妹店
らしいじゃありませんか。

それではユニバ・チェックから
歩道と建物の間に
10cmほどの段差がひとつ。
入口は手動式引き戸で
その足元には段差はありませんでした。

180912-1.JPG 180912-2.JPG
店内は入口から見ると
左手にカウンター、
右手に壁で仕切られたテーブル席。
奥にも10〜12名ほどが座れる
テーブル席が存在するようでした。

180912-3.JPG
さて、オーダーしたのは
まず「皮」(1本150円)
ほほー、「権兵衛」「かわ屋」系ですな
しかし、一緒に出てきた
つきだし代わりの野菜たちが
さすがはオシャレな彩でした。
180912-4.JPG 180912-5.JPG
そしてこの店のスペシャルテで
これが今回の目的でもありました。
数百羽に一羽と言われる
幻の肝“白レバー”を使った
「地鶏白レバー」(1本200円)
特製タレか特製ごま油を選択でき
ごま油を選択。その味わいは、
ん〜まさに鶏のフォアグラって感じ
180912-6.JPG 180912-9.JPG
続いて宮崎県産の無菌豚を使った
「アボガドクリームチーズ巻」(250円)
なるほど、ワサビ系のソースと
よくあいます。
180912-7.JPG 180912-8.JPG
と、ユニークなネーミングにもひかれた
「ヴェルサイユの月見つくね」(350円)
なんでも佐賀県産の
産みたて直送ブランド卵を
使っているらしい。

総じて女性をかなり意識した
メニュー構成ですな。
そういえばスタッフさんたちも
みなさん男性で
かなりのイケメン揃いのような
気がいたしました。
なによりお客さんのほとんどが
女性でしたので、
女性のための焼鳥屋さんといって
ほぼ間違いないでしょう。

それでは最後にトイレを拝見
開き戸の手前には段差なし
手すり関係のない
洋式便器がございました。

180912-10.JPG 180912-11.JPG 180912-12.JPG
場所は城南線の
薬院大通交差点から
平尾方面に入り
薬院公園がある角を
浄水通り方面に曲がると
すぐ右手に見えてまいります。

「トリブドウ薬院本店」鑑定結果:65ユニバ
福岡市中央区薬院4-2-13メゾン薬院1階


あと、いろんなHPにおける
この店の紹介記事は
コチラコチラなど。
posted by アサケン at 17:15| Comment(0) | 飲食店(ダイニングバー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月18日

シンチャオ

毎日、あち〜ですね。
こんな時にはあち〜国の料理が
美味しいじゃろうと訪ねたのがこちら

なんでもあの博多駅南にある
老舗ベトナム料理店「南十字星」の
息子さんが作ったお店らしいですな。

場所は以前にコチラ↓
http://uinversal.seesaa.net/category/1001745-3.html
http://uinversal.seesaa.net/article/11926852.html#more
http://uinversal.seesaa.net/article/146003387.html
でも行ったことのある
地下鉄六本松駅から徒歩約3分ほど
のところにある、古い飲食街。
なんでも「京極街」って
名前があったんですね。
知らなかった〜。

それではユニバ・チェックをば
入口は手動式の引き戸
しかし今の時代には珍しく
店内にはエアコンはなく扇風機のみ。
なので、この時期はいつも
オープン状態なようです。

180805-1.JPG 180805-2.JPG
店内は激狭で、カウンターのみ
座れるのは7〜8人といったところ。
車椅子での入店は
ちと難しいと言わざるおえんでしょう。

180805-3.JPG
さて、オーダーしたのは
ランチメニューより鶏フォーと
選べるオプションメニューから
生春巻きを選択し
これら全てで800円なり。

フォーとともに出てきたサラダは
ドレッシングをかけて食べてもいいし
フォーに入れて食べてもいいとのこと
では、フォーに入れましょ。
180805-5.JPG 180805-4.JPG
お味はもう間違いなしって感じ。
オーナーのご両親が
ベトナム戦争から難破船で脱出し
福岡で再出発をはかった
日本最初のベトナム料理専門店
その奥深い味をライトに楽しめる
そんな感じがいたしました。

それでは最後にトイレを拝見
トイレは1階奥に存在し
引き戸の手前には5cmほどの
段差がひとつ。超狭い空間に
手すり関係のない
洋式便器がございました。

180805-6.JPG 180805-7.JPG 180805-8.JPG
場所は城南線と別府橋通りが
交差したところにある
福岡市科学館からみると
国道202号線をはさんだ
向かいほどにある
古い飲み屋街の中にございます。

「シンチャオ」鑑定結果:35ユニバ
福岡市中央区六本松2-3-17


あと、いろんなHPにおける
この店の紹介記事は
コチラコチラなど。
posted by アサケン at 14:06| Comment(0) | 飲食店(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする