2022年11月26日

打刻印

ネットで見つけた最安値の刻印屋で
「浅研鋏製作所」のロゴ打刻印を製作する。
221126-1.jpeg
感無量。

が、普通スタンプ面の中央に彫らんかね?
自分で芯を削れってか?
221126-2.jpeg
どーせ機械的に作っているんでしょうけど、
まったくもう使いにくいなあ。
221126-3.jpeg
まあなんとかなりそうだからいいけどね。

221126-4.jpeg
posted by アサケン at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 鍛冶修業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月24日

6寸博多刀鋏、生研ぎ

博多刀鋏6寸の方が
ようやく生研ぎ終了。
というと、全研ぎ工程の
約半分くらいが終了した感じ。
221024-1.jpeg
まだ鋏になる可能性を残しているが、
これが一瞬でなくなるかもしれないのが
怖いところであり…面白いところ。
簡単に作れたんじゃあ、
面白くないんだよなあ。
221024-2.jpeg
posted by アサケン at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 鍛冶修業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月18日

5.5寸鋏用 曲金

今回、初めて5.5寸鋏を作っているのだが
そのアシ(持ち手部分)を曲げるときに使う型、
曲金がまだなかったので製作した。
220918-1.jpeg
出来上がったものを
師匠にいただいた原寸設計図に乗せると
ほぼぴったりと合い感無量。
220918-2.jpeg
3本の曲金は左より5寸、5.5寸、6寸用。
220918-3.jpeg
試しに針金を曲げてみるといい感じ。
220918-4.jpeg
ちなみに師匠が生前
一般用に販売してした博多鋏は、
これにあと4寸を加えた4種類であった。
私が4種類作れるようになるのは来年かなあ。
posted by アサケン at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 鍛冶修業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月29日

6寸鋏、5.5寸鋏、沸かしつけ

沸かしつけ(鍛接)も無事終わり
これで火作りが終了する。
左が6寸鋏、右が5.5寸鋏。
220829-1.jpeg
あとは研ぎ。
研ぎは鋏作りの全行程のうち
約6割を占めるといっていい。
220829-2.jpeg
ここからが長いのだ。
ゴールは遥か彼方。
まだ見えない。
posted by アサケン at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 鍛冶修業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月28日

安来鋼

この角柱状のものが鋼(炭素鋼)。
220728-1.jpeg
これまた
師匠より生前にいただいた
限りある大切な鋼だ。
安来鋼・白紙2号
と言われるものだ。
220728-2.jpeg
今回はこれを細く伸ばして
鋏のサイズにあわせて切り分けた。
220728-3.jpeg
それではまた
その寸法を記録しておこう。
(上が5.5寸用、下が6寸用)
220728-4.jpeg
次回は前回地切りした地金(軟鉄)に
この鋼を結合(鍛接)させる作業となる。
220728-5.jpeg
前半戦の大きな山場を迎える。
posted by アサケン at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鍛冶修業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする