2018年09月19日

焼き鳥ワイン酒場TORI-BUDOU薬院本店

友人に誘われてこの日訪ねたのは
ワインとあわせる
オシャレ系焼鳥屋さん。
なんでもあの高宮通り沿いにある
人気ダイニング『Tiny Boat』の姉妹店
らしいじゃありませんか。

それではユニバ・チェックから
歩道と建物の間に
10cmほどの段差がひとつ。
入口は手動式引き戸で
その足元には段差はありませんでした。

180912-1.JPG 180912-2.JPG
店内は入口から見ると
左手にカウンター、
右手に壁で仕切られたテーブル席。
奥にも10〜12名ほどが座れる
テーブル席が存在するようでした。

180912-3.JPG
さて、オーダーしたのは
まず「皮」(1本150円)
ほほー、「権兵衛」「かわ屋」系ですな
しかし、一緒に出てきた
つきだし代わりの野菜たちが
さすがはオシャレな彩でした。
180912-4.JPG 180912-5.JPG
そしてこの店のスペシャルテで
これが今回の目的でもありました。
数百羽に一羽と言われる
幻の肝“白レバー”を使った
「地鶏白レバー」(1本200円)
特製タレか特製ごま油を選択でき
ごま油を選択。その味わいは、
ん〜まさに鶏のフォアグラって感じ
180912-6.JPG 180912-9.JPG
続いて宮崎県産の無菌豚を使った
「アボガドクリームチーズ巻」(250円)
なるほど、ワサビ系のソースと
よくあいます。
180912-7.JPG 180912-8.JPG
と、ユニークなネーミングにもひかれた
「ヴェルサイユの月見つくね」(350円)
なんでも佐賀県産の
産みたて直送ブランド卵を
使っているらしい。

総じて女性をかなり意識した
メニュー構成ですな。
そういえばスタッフさんたちも
みなさん男性で
かなりのイケメン揃いのような
気がいたしました。
なによりお客さんのほとんどが
女性でしたので、
女性のための焼鳥屋さんといって
ほぼ間違いないでしょう。

それでは最後にトイレを拝見
開き戸の手前には段差なし
手すり関係のない
洋式便器がございました。

180912-10.JPG 180912-11.JPG 180912-12.JPG
場所は城南線の
薬院大通交差点から
平尾方面に入り
薬院公園がある角を
浄水通り方面に曲がると
すぐ右手に見えてまいります。

「トリブドウ薬院本店」鑑定結果:65ユニバ
福岡市中央区薬院4-2-13メゾン薬院1階


あと、いろんなHPにおける
この店の紹介記事は
コチラコチラなど。
posted by アサケン at 17:15| Comment(0) | 飲食店(ダイニングバー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月18日

シンチャオ

毎日、あち〜ですね。
こんな時にはあち〜国の料理が
美味しいじゃろうと訪ねたのがこちら

なんでもあの博多駅南にある
老舗ベトナム料理店「南十字星」の
息子さんが作ったお店らしいですな。

場所は以前にコチラ↓
http://uinversal.seesaa.net/category/1001745-3.html
http://uinversal.seesaa.net/article/11926852.html#more
http://uinversal.seesaa.net/article/146003387.html
でも行ったことのある
地下鉄六本松駅から徒歩約3分ほど
のところにある、古い飲食街。
なんでも「京極街」って
名前があったんですね。
知らなかった〜。

それではユニバ・チェックをば
入口は手動式の引き戸
しかし今の時代には珍しく
店内にはエアコンはなく扇風機のみ。
なので、この時期はいつも
オープン状態なようです。

180805-1.JPG 180805-2.JPG
店内は激狭で、カウンターのみ
座れるのは7〜8人といったところ。
車椅子での入店は
ちと難しいと言わざるおえんでしょう。

180805-3.JPG
さて、オーダーしたのは
ランチメニューより鶏フォーと
選べるオプションメニューから
生春巻きを選択し
これら全てで800円なり。

フォーとともに出てきたサラダは
ドレッシングをかけて食べてもいいし
フォーに入れて食べてもいいとのこと
では、フォーに入れましょ。
180805-5.JPG 180805-4.JPG
お味はもう間違いなしって感じ。
オーナーのご両親が
ベトナム戦争から難破船で脱出し
福岡で再出発をはかった
日本最初のベトナム料理専門店
その奥深い味をライトに楽しめる
そんな感じがいたしました。

それでは最後にトイレを拝見
トイレは1階奥に存在し
引き戸の手前には5cmほどの
段差がひとつ。超狭い空間に
手すり関係のない
洋式便器がございました。

180805-6.JPG 180805-7.JPG 180805-8.JPG
場所は城南線と別府橋通りが
交差したところにある
福岡市科学館からみると
国道202号線をはさんだ
向かいほどにある
古い飲み屋街の中にございます。

「シンチャオ」鑑定結果:35ユニバ
福岡市中央区六本松2-3-17


あと、いろんなHPにおける
この店の紹介記事は
コチラコチラなど。
posted by アサケン at 14:06| Comment(0) | 飲食店(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月22日

お菓子の工房オペラ 松崎店

今度久しぶりに家族で実家(延岡)に
帰るにあたって田舎のジジババに
なにか福岡でしか買えない
美味しいものをお土産に
持って行ってあげたいなと思って。
たまたま家族3人で東区に
お出かけしていた際に
ちょうどいい今日みんなで決めようと
立ち寄ったのがこちらのお店。

もう東区の超有名パティスリーですな
なにやら今年の6月に
筥松本店ができて20周年を
迎えたとのことで、すごいですね。
おめでとうございます。
パチパチパチ。

それではユニバ・チェックから
敷地内には30台も停めれるという
広大な駐車スペースがあり
入口に近いところには
車椅子使用者専用のスペース
も確保されておりました。

180722-1.JPG 180722-2.JPG
そこからエントランスまでも
一切段差はなく、入口は
手動式開きドアと自動ドアの
2重扉で、その足元にも
段差はありませんでした。

180722-3.JPG 180722-4.JPG
店内も広々としており
車椅子1台分なら十分通れる
通路も確保されておりました。

180722-5.JPG 180722-6.JPG
さて、購入したのは
両親用の4000円台の
焼き菓子のギフト箱をひとつと
あと自分たち用に
「濱田シュー」(1個145円)を。
なぜに「濱田」と思っていたら
オーナーのお名前が
濱田一郎さんというみたいですな。
180722-9.JPG 180722-10.JPG
表面にあられ糖をのせて
焼き上げたシューに
注文をうけてからクリームをつめる
こちらの店の人気に火をつけた
といわれるアイテムで
さすがに美味しゅうございました。

我が家では今回、このシューを
車の中でいただきましたが
店外のガーデンテラスにて
味わえるようにもなっておりました。
180722-14.JPG 180722-15.JPG 180722-16.JPG
店内にはトイレもありちょっと拝見。
開き戸の足元には段差なし
手すり付き洋式便器がございました。
パチパチパチ。

180722-11.JPG 180722-12.JPG 180722-13.JPG
場所は国道3号線の
名島橋東交差点から
松崎(南)側に入りしばらく
多々良川沿いの県道549号線を
進むと左手に見えてまいります。

「お菓子の工房オペラ 松崎店」鑑定結果:80ユニバ
福岡市東区松崎3-14-1


あと、いろんなHPにおける
この店の紹介記事は
コチラコチラなど。
posted by アサケン at 18:36| Comment(0) | 飲食店(スイーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月20日

とり皮 みつます 大橋店

これちょっと前の話しで
ここにアップするのを忘れてたものです
だから服装など今の時期に違和感を
感じる部分もあるかと思います。
が、いい店だったので
流してしまうのがもったいなく感じ
今頃になってアップさせていただきます

オーナーの光増さんは
以前このブログでもコチラ↓
http://uinversal.seesaa.net/article/24164098.html
で紹介したこともある
「かわ屋」の元常連客で
その師匠の仕事ぶりにあこがれ
全くの異業種からこの世界に
飛び込まれた方のようですね。

それではユニバ・チェックから
歩道と入口の間に
5cmほどの段差がひとつ。

180616-1.JPG 180616-2.JPG
手動式の引き戸を開けると
店内側フロア前にも15cmほどの
段差がひとつ存在しました。
入口から見ると左手にテーブル席
右手にカウンター席
奥には座敷もあるようでした。

180616-3.JPG 180616-4.JPG
さて、注文したのは
「甘いトマト」(300円)
「とり皮」(130円)
180616-5.JPG 180616-6.JPG
「ささみのしぎ焼き」(2本360円)
「とりきも」(130円)
180616-7.JPG 180616-8.jpg
「山芋の塩焼き」(390円)などなど。
180616-9.jpg
やっぱ「かわ屋」といったら
「とり皮」、「ささみのしぎ焼き」
はマストでしょ。
今やこの味はこの店と同じように
いろんな店名の店で食べれるように
なっておりますが、どこもそれなりに
お客さんでいっぱいですよね。
すごい焼き鳥だよなあ。

それでは最後にトイレを拝見
トイレは店内の右手奥にあり
開き戸の足元には段差なし
手すり関係のない洋式便器でした。

180616-10.JPG 180616-11.JPG 180616-12.JPG
場所は西鉄大橋駅の西口正面
徒歩1分といったところにございます。

「とり皮 みつます 大橋店」鑑定結果:45ユニバ
福岡市南区大橋1-16-5


あと、いろんなHPにおける
この店の紹介記事は
コチラコチラなど。

posted by アサケン at 17:57| Comment(0) | 飲食店(居酒屋) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月29日

藁焼 みかん

いや〜、福岡に人気店は数あれど
今やこちらの勢いは
福岡の5本の指に入るほどの
人気店といえるのではないでしょうか
この日も約1カ月前に予約したのですが
「6:00〜8:30まででしたら
お席の方取れますが」とのこと。
それでもいいんでと
ようやく訪ねることができた次第。
すっごいなあ。

それではユニバ・チェックから
入口手前には10cmほどの段差が2段
手動式の開き戸でした。

180519-1.JPG
店内は厨房を囲んだL字型カウンター
と4卓ほどのテーブル席。

180519-2.JPG 180519-3.JPG
合計で30名ほどの席が
あるようなのですが、
車椅子でのアプローチは
どこもちょっときつそうかなあ。


さて、注文したのは
「呉豆腐」(600円)
「藁焼き刺身盛り合わせ」(1200円)
180519-4.JPG 180519-5.JPG
「ほうば焼き 鴨もも」(1400円)
180519-6.JPG
などなど
素材の良さ、焼き加減、味付け
どれをとっても完璧といった感じ。
それに加えて、カウンター前では
藁焼きのパフォーマンスも見れて、
その度毎に店内に立ち込める
藁の香ばしいかおりは
気分も盛り上げてもらえます。

いや〜こんな居酒屋さんと対抗する
福岡の飲食店業界は
ほんと大変だろうなあと想像します。
生半可なことでは生き残れませんよね
わたしゃ介護士&鍛冶屋でよかったよ
ははは。

それでは最後にトイレを拝見。
足元には段差なし
2重の開き戸の奥に
洋式便器が存在し
手すり関係はありませんでした。

180519-7.JPG 180519-8.JPG 180519-9.JPG
あと場所は
国体道路の春吉交差点から
春吉側に入りしばらく進むと
左手に見えてまいります。

「藁焼 みかん」鑑定結果:45ユニバ
福岡市中央区春吉2-6-10小材ビル1階


あと、いろんなHPにおける
この店の紹介記事は
コチラコチラなど。

posted by アサケン at 17:39| Comment(0) | 飲食店(居酒屋) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする