2024年02月24日

帯鉤 試作3

アルミにだけ施すことができる
表面加工処理がある。
アルマイトだ。

陽極酸化処理ともいい
アルミを陽極で電気処理して
人工的に酸化被膜を生成させる処理技術。
240224-1.png
この処理を施すことでアルミは
腐食しにくく傷つきにくくなる。
そして染料により様々な色に出来るのも魅力で
バケーションブルー
240224-2.png
ギャラクシーブラック
240224-3.png
などDIYで生成することも可能だ。

この技術、日本発祥とのことで
発明したのは大正12年、
理化学研究所の研究員らしい。
素晴らしいね。

このアルマイトを工芸品に施す。
面白いんじゃないかなあ。
posted by アサケン at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 鍛冶修業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月25日

帯鉤 試作2

アルミ面白い。

金や銀のような輝きはないが
表面をいじれば
なんとも言えぬ表情が顔を出す。
鉄や銅のように錆ないし、
叩けば錫より圧倒的に硬くなる。
240125-1.png
気軽に使えない金属は毎日使えない。
日常の金属とでも言おうか、
その点においては鉄とアルミは
似ているように思う。
240125-2.png
クチバシ部分のカーブが
丸すぎても四角すぎても
ダメなような気がしている。
240125-3.png
この辺は鋏作りと一緒。
過ぎても足りなくても良くない。
ただ削り過ぎるともう元には戻れない。
しかし言わないとほとんど分からない。
そしてまったく同じものは絶対作れない。

アルミとの格闘の日々が続いている。
posted by アサケン at 17:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 鍛冶修業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月10日

帯鉤 試作1

なまして(熱して)は叩いてを繰り返し
金属の形を作っていく鍛金。
その技法は
「鍛造」「打ち出し」「絞り」とある。
231210-1.png
鍛造はいわゆる鍛冶屋が代表となる
赤らめた素材(鉄)を叩き
形を形成していく作業。

その昔、
鍛金も鍛冶も彫金も
鋳物も刃物も錺金物も
金属を使って物を作る職人の全てを
金工と読んでいたそう。

ところで鍛金の鍋や皿、カトラリーに
よく使われているアルミという素材。
その打ち出し方は熱したアルミを
一度冷却して叩く。
鉄は急冷すると固くなるが
アルミは柔らかいままを保つ。
金属面白いね。

今、アルミの鍛金であるものを作っています。
前回、私はいったい何者か?って問いに
金属小物作家かなって答えたけど
金工でいいじゃないかと思った次第。
posted by アサケン at 15:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 鍛冶修業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年11月05日

浅研鋏製作所8

我が工房…というより
町工場…いや村工場かな。
231105-1.png
私は今、ここで
鋏じゃない何かを作っています。
そこで、私はいったい何者か?
って考えたんですけど…
金属小物作家かな。
やっぱ私は邪道だわ。
231105-2.png
がしかし邪道上等の無頼派です。
邪道=自由に製作活動に励みます。
お見知りおきを。
posted by アサケン at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 鍛冶修業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年10月07日

浅研鋏製作所7

さて、作業場作りはこれくらいにして、
後はサグラダファミリア状態で
永遠に少しずつ作り続けていくことに。
とりあえず看板を控えめに揚げてみた。
231007-1.png

231007-2.png
ワクワクドキドキ。
posted by アサケン at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 鍛冶修業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする