2010年03月11日

福岡思いやり食堂(4回目)

自分の本の宣伝ばかりしてスミマセン。

続きを読む
posted by アサケン at 17:39| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福岡思いやり食堂

さあ、おじいちゃんも、おばあちゃんも、小さなお子さん連れも、
身体が不自由な方も、もちろんフツーの方も、
みんなでいっしょに美味しいものを食べに出掛けましょう。
この本は、僕と、僕の家族が、
このブログ「福岡ユニバーサルデザイン鑑定所」を開設した6年間に
食べ歩いた約1500軒の飲食店の中から、
個人的に気に入ったお店70軒を厳選し掲載するものです。
僕らが気に入るお店とは、まず美味しいこと、
そして障害者の僕がなにかしら温かい気持ちになれたこと、または、
小さな娘が笑顔になれてカミサンが安心できたこと。
そんな視点でピックアップした我が家の食べ歩き日記を
もしかしたら、誰かが便利に使っていただけるんじゃないかと思い、
恥ずかしながら、本にしてしまいました。

omoiyari5.jpg

この本の特徴は以下のようなところになります。
1.足元の不自由な方のためにトイレチェック!あり。
入口幅や段差状況などもcm単位で細かく記載、
トイレ室内状況が分かる写真も掲載。
2.お母さんのために小さなお子さんでも安心な座敷個室チェック!あり。
座敷による個室があればその数や段差状況を記載、
全タイプの室内状況が分かる写真も掲載。
3.本文中に入口周辺やフロアの段差状況をcm単位にて細かく記載。
4.本文は高齢者の方にも読みやすい文字の大きさに。
5.本文中のバリア状況やトイレ状況の記載は太文字に。

必要な方はまずはそこから、不必要な方はそこは飛ばして、
という読み方もできる。
6.トイレの入口幅やテーブル下の高さをcm単位で細かく掲載。
車椅子の寸法は様々。それぞれで判断できるように。
7.テーブルやカウンターの位置、トイレの方向を原稿にて掲載。
目の不自由な方が、いろいろな方法で原稿を読めたとき、
少しでもイメージできるように。
8.地図以外にも店の場所が分かる原稿を掲載。
目の不自由な方が、いろいろな方法で原稿を読めたとき、
少しでもイメージできるように。
また、ドライブ時の助手席ナビとしても使える。
9.外観の他に、入口部分に寄った写真をできるだけ掲載。
10.店専用駐車場がない場合には、地図内にコインPの位置を掲載。
11.店専用駐車場内の車椅子専用スペースの数を記載。
●車椅子の方、高齢者、お子さん連れなど、誰が利用できる物件なのか
一目で分かるマークを掲載。

・車椅子ごと入れるバリアフリー・トイレの有無
・手すり付き洋式便器の有無
・オムツ交換台の有無
・座敷個室の有無
・入口がバリアフリーか否か。
point3.jpg

しかし、このようにこの本の、他のガイドブックにはない特徴を記すと、
一見、そんな人たち専用の本のように思われがちですが、
そうではありません。
この本のテーマはあくまでも“ユニバーサルデザイン”です。
いかに、不自由な人たちの情報をこれみよがしに掲載するのではなく、
さりげなく、当然のようにその情報も入っているかを目指しました。
障害をお持ちでない方も、子供をお持ちでない方も、
楽しんで読めるよう、そのバランス感覚は最も大切にしたところです。
このアプローチへの挑戦は、グルメガイドにおいては、
きっと日本初のものになるのではないでしょうか。
この本の世界観が、ぜひスタンダードなものになってほしいと思い
魂を込めて作りました。

まだまだ、完璧なものでないことは重々承知しております。
ご一読いただき、いろんなご意見をお聞かせください。

書籍名:福岡思いやり食堂
発売日:2010年4月5日〜10日
価格:1575円(本体1500円+税)
仕様:A5判オールカラー・176ページ
販売店:九州全域及び全国の主要書店・ネット書店など
出版元:書肆侃侃房
http://www.kankanbou.com/kankan/item/362

※お問合わせは、
「福岡ユニバーサルデザイン鑑定所」asaken329@yahoo.co.jp もしくは
「書肆侃侃房」info@kankanbou.com まで

「福岡思いやり食堂」鑑定結果:みなさんがご採点ください。


クリックしていただけると励みになります。さて何位かな〜。
↓↓↓
banner_04.gif
posted by アサケン at 17:00| Comment(11) | TrackBack(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする