2010年11月20日

亀山社中資料展示場

さて、前回の続きです。
「長崎市亀山社中記念館」から
徒歩2〜3分といったところでしょうか。
こちらでは前回説明した
「亀山社中ば活かす会」が
以前の亀山社中跡の屋敷にて
展示していた品々を
閉鎖が決まってからこちらに移動させ
展示しているようですな。

それではユニバ・チェックをば
入口前には20cmほどの
下がる段差が2段。
手動式引き戸を開けると
今度は20cmほどの上がり框が2段。
室内には靴を脱いであがる必要あり。
まあ、ここまでの道程も
前回紹介したように段差ありまくり
なので車椅子での見学は
超難しいでしょう。

01119-1.JPG 01119-2.JPG
さて室内に展示されているものは、
幕末志士の写真やら、
この地を訪れた有名人のサインやら
って感じで、貴重と思われるものは
なかったかなあ。ちなみに
左下の写真、カミサンの頭上にある
「志」と書かれた色紙、
ソフトバンク孫社長によるものです。
01119-4.JPG 01119-5.JPG
しかしながら、展示の仕方が
茶目っ気があるというか。
等身大龍馬パネルがあるなど
なかなか楽しめます。
近くには「亀山社中ば活かす会」が
建立させた「龍馬のブーツ像」
もあってこれまた笑えるし。
いいんじゃないでしょうか。
ボランティアの皆さん
がんばってください!
01119-3.JPG 01120-4.JPG

「亀山社中資料展示場」鑑定結果:55ユニバ
長崎県長崎市伊良林2-9-2

あと、いろんなHPにおけるこの店の紹介記事はコチラコチラなど。


クリックしていただけると励みになります。
さて何位かな〜。
↓↓↓
banner_04.gif
posted by アサケン at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする