2012年01月11日

餃子 竹餃(たけちゃお)

以前、ボンラパス薬院だった
ところの裏手に
去年の10月にオープンした
こちらの餃子屋さん。
裏通りということで
回りには灯りが少ないうえに
道側が全面ガラス張りの店舗は
店内から溢れる灯りで、
すぐに目につくと思います。

それではユニバ・チェックから
入口手前に10cmほどの段差が2段。
手動式開き戸の足元には
段差はありませんでした。

20111-1.JPG 20111-2.JPG
店内は入口から見ると
右手にカウンター、
左手にテーブル席とありましたが
どの席もテーブル面が高く
車椅子の方がアプローチしやすそうな
席はありませんでした。

20111-3.JPG 20111-4.JPG
しかし、餃子屋とは思えない
オシャレな店内で
まるで餃子バルとでも申しましょうか
そんな雰囲気が感じられました。

さて、注文したのは
もちろんこの店のスペシャリテ
とも言える「焼餃子」(480円)。
20111-6.JPG
1皿10個入りの餃子は、
いわゆる博多一口餃子より
ひとまわり大きい、中サイズなもので
一口食べると、少々肉の感触が残る餡の
食感が心地よいものでした。
なんでもミンチには細かく挽かれたもの
と粗いものとをブレンドして使っている
らしいですな。あと5種類の野菜を
たっぷりと使用していて、
驚いたことにニンニクが入っていない
とのこと。ほほー。
それなのにこの味わいは摩訶不思議。
これなら女性の方でも臭いを気にせず
何個もいけるのではないでしょうか。

あと「牛すじみそ煮込み」(500円)
「手羽唐揚げ」(1本170円)
などもを注文。
外はパリパリ、中はジューシーな
手羽先は、こだわりのタレに
一日漬け込んで揚げているとのこと
いや〜、美味しゅうございました。
20111-5.JPG 20111-7.JPG
ちなみにコチラの店長
あの清川の「TAIZOラーメン」で
6年半店長を務めた方みたいですな。

それでは最後にトイレを拝見。
トイレは店一番奥に存在し
開き戸を開けると、
3cmほどの下がる段差がひとつ。
手すり関係のない洋式便器でした。

20111-8.JPG 20111-9.JPG 20111-10.JPG

「餃子 竹餃(たけちゃお)」鑑定結果:64ユニバ
福岡市中央区薬院1-12-32薬院パーキングビル1階

あと、いろんなHPにおけるこの店の紹介記事は
コチラコチラなど。


クリックしていただけると励みになります。
さて何位かな〜。
↓↓↓
banner_04.gif
posted by アサケン at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店(居酒屋) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする