2012年03月11日

博多鋏('12年3月・5寸・1日目)

さて、今年の僕の鍛冶修業の目標は
“1本でも売れる鋏を造る”
と、勝手に決めておりまして
今回は久しぶりノーマルな博多鋏を
造ることにした次第。

まずは下の写真。
5寸と4寸5分の鋏の設計図
でございます。
師匠のお父様が残されたものでして
寸法や重量が記されております。
20311-1.JPG
で、今回は全長5寸の鋏を造ろうと
考えているので、下側に記された
大きいほうの鋏がそれになります。

師匠のところには現在
鋏の地金となる素材は2種類あって
5寸より小さいサイズ鋏は
幅4分、厚み2分の地金棒を
20311-2.JPG 20311-3.JPG
5寸より大きいサイズの鋏は
幅4分5厘、厚み2分の地金棒を
20311-4.JPG 20311-5.JPG
使っております。

5寸の鋏の場合はその素材をだいたい
3寸6分(約11cm)使って、うち
1寸5分をホに、2寸1部をアシに
使用して、
ホは2寸5分に、アシは5寸に
伸ばして、片方を造っていきます。
で、これを2本組み合わせて鋏にすると
全長5寸、全重量10匁(37.5g)の鋏が
出来上がるといった感じです。
(ちなみに5円玉1つの重さが1匁)

これを正確に造り、ほんの
少しの鉄も無駄にしないのが
鍛冶屋としての誇りなんですねえ。
決して、てきとーに造って、
ちょっと大きめになっちゃったら
削ればいいじゃん
なんて考えていないんですよ。

ようやく僕もその域に……
とまでは言いませんが
無駄を出すことは恥と考えれる
余裕は出てきたかなあ。
と、今回も火造りまでを終え
1日目を終了。
20311-6.jpg 20311-7.jpg
これからまだまだ1本造り上げる
までには様々な困難が
待ち構えておりますが。
20311-8.jpg 20311-9.jpg
ああ、無事、売れる鋏が
出来上がりますように!


クリックしていただけると励みになります。さて何位かな〜。
↓↓↓
banner_04.gif
posted by アサケン at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 鍛冶修業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする