2012年03月28日

BAR&WHITE SPACE ONE

数少ない僕の知り合い有名人。
あのアラーキーこと荒木経惟さんの
愛弟子でもある野村佐紀子さん
の個展が赤坂のバー&ギャラリーで
開催されているときいて
訪ねてきた次第。

場所は明治通り沿いで
浜の町病院入口交差点近くにある
2階建ての建物の1階。
こんなところにこんな空間があるなんて
ぜんぜん知らなかったなあ。
20328-1.jpg 20328-2.jpg
それではユニバ・チェックをば
手動式開き戸の足元も手前にも
一切段差なし。
扉を開けると、手前にギャラリー
そして、その奥の壁に
もう一つ扉があって、
その奥にバー・スペースが存在しました
その扉の足元には
15cmほどの段差がひとつ。

20328-3.jpg
手前のギャラリー・スペースは白
奥のバー・スペースは黒といった
イメージで、その対比が
面白うございました。
20328-4.jpg 20328-5.jpg
佐紀子さんの作品ももちろん面白く
なんでも今回は、世界に5台しかない
20×24インチという巨大ポラロイドカメラ
で取られた作品をメインとしており、
その迫力は仰天ものでした。
ポラロイド写真なものですから、
劣化は避けられず、
次見る時は同じ状態では見られない
だろうとのこと。へ〜。
この瞬間の芸術、おすすめです。

さて写真鑑賞を終えた後、
せっかくですから奥のバー・スペースで
一杯いただきました。
オーダーしたのは「トム&ジェリー」
という名の卵のカクテル。
一緒にだされたスモークのツマミも
おいしゅうございました。
締めて1800円也。
20328-6.jpg 20328-7.jpg
マスターと少しお話を
させていただいたところ、なんでも
以前ここは婦人服店だったらしいですね
こちらに1年半ほど前に
北天神から移転してきたとのこと。
「美術館やギャラリーって
閉まるのが早すぎますよね。
夜中でも絵画や写真を楽しめる
そんなスペースがあって
いいんじゃないかと思いまして」
とこちらの店への想いを
聞かせていただきました。

それでは最後にトイレを拝見。
開き戸の足元には段差なし。
手すり関係のない洋式便器でした。

20328-8.jpg 20328-9.jpg 20328-10.jpg
あと、この展覧会は4月7日まで
開催されており、その期間中、
以下の4会場でも野村さんの
モノクローム・オリジナルプリントから
セレクトされた作品が
展示されているようです。
「Owl」(警固2-15-1)
「山下ワイン食道」(春吉2)
「BAR Porte du bonheur」(西新1)
「bar a vin rendez-vous des amis」(今泉)
皆さんも、ぜひ。

「BAR&WHITE SPACE ONE」鑑定結果:68ユニバ
福岡市中央区赤坂1-14-24

あと、いろんなHPにおけるこの店の紹介記事は
コチラコチラなど。


クリックしていただけると励みになります。
さて何位かな〜。
↓↓↓
banner_04.gif
posted by アサケン at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店(バー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする