2012年08月04日

東京ディズニーシー(1回目その1)

ということで2日目の
ディズニーリゾートはシーからスタート
TDLと同様、TDSもまず荷物検査
があってチケット改札口を通り園内へ
20802-1.JPG 20802-2.JPG
今回、我が家が使うパスポートは
3デーマジックパスポート・スペシャル
と申しまして3日間、
TDLでもTDSでも、どちらも入り放題
行ったり来たりもできるものでして。
ホテルとパークチケットに
ファストパスなどの特典がついた
バケーションパッケージという↓
http://www.tokyodisneyresort.co.jp/online/package/index.html
もののなかに入ってるものなのですが
まあ、そりゃあ便利なかわりに
お値段も相当いたします(汗)。
20802-3.JPG
TDSはTDLに比べて
若干大人っぽい雰囲気が
漂っているかなあ。
20802-4.JPG 20802-5.JPG
で、最初に並んだのは
「タートルトーク」↓
http://www.tokyodisneyresort.co.jp/tds/aw/atr_turtle.html
朝一発目だというのに
もう50分待ちです(涙)。
20802-6.JPG
その間、カミサンは適当に
次のアトラクションのファストパスを
ゲットすべく、ミステリアスアイランド
というエリアに向かって行きいました。

本日は天気も良く、汗だくになりながら
娘と2人、待つこと60分。
カミサンとも合流し、ようやく
アトラクションの中に入れる。
20802-7.JPG
クラッシュという名のウミガメと
スクリーン越しに喋れるという
このアトラクション。
これがどんな仕組みになっているのか
知らないけどCG? アニメ?のカメが
リアルタイムに観客と喋る様子は
大変、面白うございました。

続いて向かったのは
先ほどカミサンがファストパスを
ゲットしてきた「海底2万マイル」↓
http://www.tokyodisneyresort.co.jp/tds/mi/atr_20000.html
なるアトラクション。
ん〜、これはいまいちだったかなあ。
20802-8.JPG 20802-9.JPG
と、その後、同エリアにて
人気のため行列ができていた
「センター・オブ・ジ・アース」↓
http://www.tokyodisneyresort.co.jp/tds/mi/atr_20000.html
のファストパスをゲットしておいて
とりあえずエリアを移動。
20802-10.JPG
TDSはTDLに比べてちょっと
パーク全体に起伏があるのだが、
その間にも、ちゃんと車椅子や
ベビーカーのことを考えた
エレベーターが設置されたり
しているんですよね。

20802-11.JPG 20802-12.JPG
そして、次なるエリアで
普通に列にならび
利用したのが「アクアトビア」↓
http://www.tokyodisneyresort.co.jp/tds/pd/atr_aqua.html
びしょ濡れになって
楽しませていただきました。
20802-13.JPG
それから、またエリアを移動。

伝家の宝刀? バケーションパックの
ファストパスを使い利用したのが
「インディ・ジョーンズ・アドベンチャー
クリスタルスカルの魔宮」↓
http://www.tokyodisneyresort.co.jp/tds/ld/atr_indiana.html
20802-14.JPG 20802-15.JPG
このときで60分待ちという
人気アトラクションともなると
いくらファストパスを使ったとはいえ
10分ぐらいは待つことになるんですが
ようやく次は自分たちの番と
なったところで、スタッフの方が
「すみません。安全装置が
作動したために一時、
このアトラクションを運行中止
とさせていただきます」
との案内が出された。
ひえ〜、またかよ。

まあ、しかし、仕方ないっしょ。
気を取り直して、次のアトラクションへ
と、その前に近くにあったトイレを拝見
20802-16.JPG
充実した設備のバリアフリートイレが
ございました。が、スゴイのは
トイレといえどもそのエリアの
雰囲気を壊さぬデザインに
なっているところなんですよねえ。
それぞれのエリアにそれぞれの
デザインのトイレが存在します。

20802-17.JPG 20802-18.JPG 20802-19.JPG 20802-20.JPG

で、そうこうしている間に
先ほどゲットしたファストパス
「センター・オブ・ジ・アース」
の指定時間が迫ってまいりました
ので、そちらに移動。

まあ、早い話が
火山の中を巡るジェットコースター
なのですが、ここでもスゴイと
感じるのはそのディスプレイ。
ジェットコースターとは全然関係のない
列を作って並ぶ通路の部分から
溶岩のディスプレイがされてあったり
それがまあ、ほんと手抜きがないもの
ですから、ほんと、自分が
映画の主人公になれたかのような
気分を盛り上げてくれるんですよねえ
20802-21.JPG 20802-22.JPG
ほんと脱帽です。

「東京ディズニーシー」鑑定結果:100ユニバ
千葉県浦安市舞浜1-1

あと、この施設のオフィシャルHPはコチラ
posted by アサケン at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州以外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする