2013年09月13日

マツモトキヨシ塩原店(マムシグロン)

さて、もうすっかりおなじみとなりました
このコーナー。(自分のなかでは)
栄養ドリンク飲み歩記。

まずは購入したドラッグストアの
ユニバ・チェックから。
店舗横に5〜6台ほど停めれる
駐車スペースあり。

30912-1.JPG 30912-2.JPG
入口は自動ドア、その足元には
ほとんど段差なし。
店内の通路などのスペースは
まあ、広々としておりました。

30912-3.JPG 30912-4.JPG

さて今回、試してみたドリンクはこちら
人というものは、より過激な刺激を
得ようとする生き物であり、
その習性に逆らうことなく
手に取ったドリンクでございます。
完全にそのネーミングに惚れました
30912-5.JPG
「マムシグロン」(3本598円)
株式会社 坂本漢方製薬。
第3種医薬品。
日局チアミン塩化物塩酸塩 10mg
日局リボフラピンリン酸エステルナトリウム 2mg
日局ピリドキシン塩酸塩 5mg
日局ニコチン酸アミド 25mg
日局カフェイン 50mg
グルクロノラクトン 100mg
イノシトール 30mg
D-パントテニールアルコール 5mg
日局タウリン 500mg
人参エキス 86mg
マムシ抽出液 1000mg
マムシ胆乾燥末 0.1mg
ゴオウ抽出液 40mg

おやおや、成分の前に
「日局」とありますが、これは?↓
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1019678780
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%96%AC%E5%B1%80%E6%96%B9
「日本薬局方」の略で
まあ、簡単にいえば
薬品版のJIS規格のようなもん
らしいですな。
な〜んだ、それだけか。
より漢方っぽく見せたいってことかな

ラベル正面には「生薬エキス」とあり
上の成分表記の人参エキスから
ゴオウ抽出液までが
いわゆる生薬っていわれるもの
らしいのですが、この生薬とは?↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%9F%E8%96%AC
天然に存在する薬効を持つ産物
のことらしいですな。

この中で、どんな形をしているのかさえ
想像がつかない、ゴオウって?↓
http://www.miyachu.co.jp/kampo/gallstone.htm
http://www15.plala.or.jp/n-kanpoudo/goou.html
牛黄(ゴオウ)とは、
牛の胆のうの中に生じた結石
いわゆる胆石みたいですな。
ゲゲッ、そんなもんに
薬効があるなんて、いったい
誰が気付いたんだろうねえ。
すごいねえ。

で、このドリンクの味わいは
まず液体の色が茶色っぽくって
ネーミングも「マムシ」なもんで
覚悟して味わったのですが
意外と普通でございました。
まあ、ちょっと甘すぎではありますが
マムシの臭みをとるのには
これぐらい甘くないと
厳しかったのかなあ、なんて思います

で、肝心のききめですが
あまり、そう、劇的な変化は
なかったような……
しかし、生薬ってなると
即効性がなくなるって話を
誰かから聞いたような……
ジワジワとどっかで効いている
のかもしれません。

ちなみにマムシには抗疲労作用や
活性酸素の除去等の
効果があるそうです。
へ〜、まあ、信じるか信じないかは
あなた次第!

「マツモトキヨシ塩原店」鑑定結果:80ユニバ
福岡市南区塩原1-20-24


あと、いろんなHPにおける
この商品と施設の紹介記事は
コチラコチラなど。

ちなみにこの「マムシグロン」
下の写真をクリックすると
購入できるサイトにリンクします。

(楽天市場のアフィリエイトです)


posted by アサケン at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 栄養ドリンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする