2018年10月30日

豆皿中華Q

自宅から地下鉄一駅で行ける
このエリアで飲む機会が
最近ほんと多くなりました。
今、福岡で最も目覚ましい変化を
遂げている六本松でございます。
そこに新しい複数のお店が軒を連ねる
新長屋のような一角が出来ており
その中の一軒におじゃました次第。
中華ダイニングバーとでも申しましょうか。
オープンしたのは今年の3月
のようですな。

それではユニバ・チェックから
歩道からのアプローチ部分には
その複数店舗が共有できる
スロープが施されておりました。

181009-1.JPG 181009-2.JPG
手動式開き戸の入口の足元やフロアにも
段差はほとんどありませんでしたし、

181009-3.JPG
車椅子でテーブルにつけるような
ところも多々ありました。

181009-4.JPG 181009-5.JPG
なんともカフェのようなポップなイメージが
印象的な店内でした。

さて、オーダーしたのは
メニュー表に「まずはコレ!」
と書いてあった豆皿9皿
がセットになった「Qセット」(990円)。
181009-6.JPG
そして、「中国一辛い」と書いてあった
「湖南マーラードーフ」(M690円)。
181009-7.JPG 181009-10.JPG
あとは「小籠包」(290円)、
「キューりのピリ辛一本漬」(390円)。
「砂肝のラー油和え」(190円)などなど
181009-9.JPG 181009-8.JPG
お味はどれも美味でございました。
さて、このスタイル、どこか懐かしいと
記憶の糸をたどったところ
ああっ、昔、天神にあった『新界』
に似てますな。懐かしい〜。
を、ちょっと小奇麗にした感じ(^^)
『新界』みたいに流行るといいですな。

それでは最後にトイレを拝見
開き戸の足元には段差なし。
でも幅が狭いので車椅子での
アプローチは難しいでしょう。
手すり関係のない
洋式便器がございました。

181009-11.JPG 181009-12.JPG 181009-14.JPG
場所は別府橋通りと
城南線が交差する交差点を
福岡簡易裁判所方面に入ると
すぐ左手にある小道の奥にございます。

「豆皿中華Q」鑑定結果:79ユニバ
福岡市中央区谷1-13-20


あと、いろんなHPにおける
この店の紹介記事は
コチラコチラなど。
posted by アサケン at 12:21| Comment(0) | 飲食店(ダイニングバー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする