2009年12月05日

まんぷく屋(2回目)

「まんぷく屋」鑑定結果:63ユニバ
福岡市中央区六本松3-8-9

自宅のある別府からだと歩いて行ける六本松。
休日の夕方、家族とともに散歩がてら訪れて
晩飯処に選んだのがこちらの居酒屋さん。
毎日魚市場から仕入れているという安くて新鮮な魚が一番のウリなんだけど、
鶏や牛のメニューも揃い、パスタなんてのもある。
おまけに個室もあるんで、子連れにはいいでしょうってことで。
平日はサラリーマンの憩いの場と化しておりまして、
僕も仕事仲間と訪れたことは以前に何度かあったのですが、
家族で訪れたのは今夜が始めて。
それではユニバ・チェックから。
91205-1.JPG 91205-2.JPG
入口は手動式の引き戸、足元には段差なし。
店内に入ると靴を脱いであがる和式スタイルで、
10cmほどの段差が2段、上がり口に存在する。

個室は入ってすぐ右側にあり、
掘りごたつ式のテーブルが2つ置かれてあった。
91205-3.JPG 91205-4.JPG
大人数で利用すると個室状態になるようだが、
2〜3人だと2組を入れられるみたい。
2つのテーブルの間には仕切りがあったので、
まあ半個室状態では楽しめるでしょうけどね。
91205-5.JPG 91205-6.JPG
さて、注文したのは「ごま鯖」(780円)「ねばねば〜」(600円)
「ごぼうのさくさく唐揚げ」(580円)
91205-7.JPG 91205-8.JPG
「つぼ鯛の西京焼き」(880円)、「地鶏の塩焼き」(580円)などなど。
91205-9.JPG 91205-12.JPG
ほどよい散歩の後で、あったかい焼酎のお湯わりが
五臓六腑に染み渡る感じ。ああ、シアワセ。
91205-10.JPG 91205-11.JPG
ところで、娘を引き連れて時々居酒屋を利用している僕たちですが、
いちおうルールみたいなものは持っておりまして。
まず休日のみ、開店と同時の早い時間帯に利用する、
できるだけ座敷個室のあるところを選ぶ、
子供はほとんど娘1人、ときどき従姉を追加するくらい。
子供から目を離さない、トイレに行くときもついていく。
必ず予約を入れ、子連れであることを告げて行く。
といったところでしょうか。
このことについてはいろんな意見もあるでしょうから。
子連れで行かれる方はぜひご注意ください。
それでは最後にトイレを拝見。
先に記した玄関の小上がりを降りた先にあり、
引き戸の足元には段差なし、手すり関係のない洋式便器でした。

91205-13.JPG 91205-14.JPG 91205-15.JPG
場所は城南線と別府橋通りが交差する
六本松交差点の角にございます。

ちなみに、いろんなHPにおけるこの店の紹介記事はコチラコチラなど。

「まんぷく屋」鑑定結果:63ユニバ
福岡市中央区六本松3-8-9


クリックしていただけると励みになります。さて何位かな〜。
↓↓↓
banner_04.gif
posted by アサケン at 16:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 飲食店(居酒屋) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
20分くらいの散歩は、飲んだ後なら平気ですが、
食べる前だとちとおっくう。。。。というのが
私の体型を構築しているのでしょうね。。。。
Posted by きんさん at 2009年12月09日 17:49
今年の返信、今年のう〜ち〜に。
って冗談も、きんさんなら許してもらえますよね。
来年は僕も少し痩せなきゃなあって体型になってきました。
いっしょに頑張りましょう!?
Posted by アサケン at 2009年12月30日 12:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック