2010年04月21日

肉そば屋 喰海(くうかい)

「肉そば屋 喰海」鑑定結果:68ユニバ
福岡市中央区天神2-12-1天神ビル1階

天神ビル地下1階の食堂街。
立ち飲みスタイルのワイン&ダイニング「eight-show A」が
その2軒隣りのエレベーター前に、一風変わったそば処となり
リニューアルオープンを果たしたと聞いたんだけど(今年3月に)。
なんでもそれでは「eight-show A」時代に
ランチ限定で出していたメニューが好評により
専門店になったという、新感覚のつけ麺らしいと。
で、ネットで調べてみると大本はあの「きんさい屋」さんらしいですな。
ほんでもって、博多駅の方にも「肉そば屋 虔十(けんじゅう)」という
姉妹店もあるみたい(こちら夜は「煮込み屋 虔十」になるとのこと)。
ということで、新店? 2号店? リニューアル? よくわかりませんが、
その天神ビルにできた「肉そば屋 喰海(くうかい)」を訪れた次第。
それではユニバ・チェックですが、
天神ビルのチェックは以前に紹介したコチラコチラの記事をご参照ください。

その店は、コーナーに位置し、L字型カウンターのみの店内。
00421-1.JPG 00421-2.JPG
店内といっても、周りに壁がなく、客席はむきだし状態で、
客はフロア通路側に背中を向けて、一心不乱にそばをすするというスタイル。
ちなみにカウンターの足元には余裕が少のうございました。
で、ちょうど角に当たる部分に自動食券販売機があり、
この日、私めが購入したのは「肉そば」(普通650円)。
運ばれてきたものは、黄色い平打ち麺の上に甘めに炒められた肉と
葱、海苔がトッピングされており、
ちょい甘めの和風ダシにラー油と胡麻の入った漬け汁にて食すというもの。
00421-3.JPG 00421-4.JPG
なるほど、かつて昼の人気メニューでありながら、
専門店化されるほどのものとなったのが分かる、
これまでにない美味しい麺料理でございました。
あと、カウンター上では生卵が無料で提供されており、
これを漬け汁に入れると、これまた表情が変わり美味しゅうございました。
ちなみにメニューは、あと「盛りそば」「鶏そば」などがあり、
麺を本日紹介した平打ちの中華麺か、日本蕎麦から選べるようになっております。

あと、いろんなHPにおけるこの店の紹介記事はコチラコチラなど。

「肉そば屋 喰海」鑑定結果:68ユニバ
福岡市中央区天神2-12-1天神ビル1階


クリックしていただけると励みになります。さて何位かな〜。
↓↓↓
banner_04.gif
posted by アサケン at 20:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 飲食店(ラーメン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 ご無沙汰しとります五島のヨロです。先日やっとネットで注文してた本が届きましたよ〜。内容もさることながら、“おわりに”を読んで不覚にも落涙してしまったのは、きっとオイラだけじゃない筈です…。福岡を離れてもう10年以上経ってしまいましたが、この本を読んでアニキさんと一緒に働いてた頃のあれやこれやを、まるで昨日の事の様に思い出してしまいました。いつの日か「離島版・思いやり食堂」を造って下さい。…無理っすかね?
Posted by ヨロ at 2010年04月23日 19:08
おお、ヨロ。
お買い上げいただき、ありがとうございます(涙)。
福岡のグルメガイドを五島にいるお前さんが購入してくれるなんて、
俺のほうこそ、涙が出るよ。
十数年前の、あの会社のあのビルもなくなってしまったけど、
思い出だけは、永久に残ってるよなあ。
ホント、今でもキラキラしてるよ。
お前さんが、俺の愛車マーチを、コスって帰ってきた日のこと、
今でも忘れんばい(嘘嘘、笑)。
きっと、いつか、また会う日がくるだろう!
お互い、カッコよくなっていような!
Posted by アサケン at 2010年04月26日 00:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック