2010年05月10日

古式手打ちそば 風羅坊

「古式手打ちそば 風羅坊」鑑定結果:65ユニバ
佐賀県佐賀郡富士町下合瀬1051-1

休日に久々、家族で三瀬方面へドライブ。
三瀬トンネルを抜け、最初に訪れたのがこちら。
古民家を改造したような佇まいが、
なんとも雰囲気あるこだわりの蕎麦処です。
店前には小川も流れ、緑に溢れたアプローチ部分を抜けると
軒先にはトウモロコシが干してあり、
まさに田舎でひっそりと営んでますといった印象。
それではユニバ・チェックをば。
00509-1.JPG 00509-2.JPG
店前にかなり広い駐車スペースあり。
先の説明どおり、アプローチ部分は木板なども敷かれておりまして、
段差はいろいろです。
入口部分も隠れ家的な作りで、腰を屈めないと入れないような小さな引き戸。
足元にも15cmほどの仕切りを乗り越えなければならないものでした。

00509-3.JPG 00509-4.JPG
休日のこの日は、昼飯時ということもありまして、満席。
約30分ほど、軒先のベンチで待ったかなあ。
ようやく通された店内は、靴を脱いであがるスタイルで、
上がり口には、20cmほどの段差が2段が存在しました。
00509-5.JPG 00509-6.JPG
しかし、待った甲斐があるといいましょうか、通されたのは、
ちょっと四方を囲まれた、半個室的な空間。
子連れの我が家にとっては、とってもありがたいものでした。
さて、注文したのは「そば懐石」(1600円)。
00509-7.JPG 00509-8.JPG
内容はまず小鉢が2つほどついた「十割盛りそば」、
続いて「季節の変わりそば」としてこの日出てきたのは「天ぷらそば」。
00509-9.JPG 00509-10.JPG
そして最後は「そばがき」を3種類の中から選べ、
選択したのは「ぜんざい」と「黒ごま入りきなこ」。
00509-11.JPG
もう、まさに蕎麦づくしのコースですが、
ぜんぜん飽きずにいただけて、お腹一杯にさせていただきました。
しかし、三ツ瀬には蕎麦の名店がたくさん存在いたします。
そんな中でも、個人的にここが一番のお気に入りかなあ
って思えるところでございました。
それでは最後にトイレを拝見。
トイレは一旦入口を出た右手奥に存在します。
開き戸を開けると5cmほどの段差が1段。
手すり関係のない洋式便器でした。

00509-12.JPG 00509-13.JPG 00509-14.JPG 00509-15.JPG

ちなみに、いろんなHPにおけるこの店の紹介記事はコチラコチラなど。

「古式手打ちそば 風羅坊」鑑定結果:65ユニバ
佐賀県佐賀郡富士町下合瀬1051-1


クリックしていただけると励みになります。さて何位かな〜。
↓↓↓
banner_04.gif
posted by アサケン at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店(うどん、そば) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック