2006年03月22日

ニューコンボ

「ニューコンボ」鑑定結果:70ユニバ
福岡市中央区渡辺通5-1-22

まずはWBC、日本おめでとう。
本当に王監督をはじめ選手の皆さんには感動をありがとうと言いたいです。
それでは世界一を祝しまして博多手一本で締めたいと思います。
よーおパンパン、まひとつパンパン、よーさパパン パン。

さて、本日のランチはこの老舗ジャズ・ライブハウス。
老舗といっても店舗は新しい。
昨年の西部沖地震の影響とビルの老朽化により、
かつて春吉にあった場所からこちらの渡辺通に移転して早4ヶ月ほどが経つ。
春吉にあった頃からここのランチはボリュームたっぷりで、
隠れたファンも多かったのであるが、
僕は移転して初めて訪れた次第。
まずはユニバ・チェック、入口前には10cmほどの段差が1段。
60309-1.jpg 60309-2.jpg
ドア下には段差はないが、開き戸。
店舗すぐ前にはコインPあり。
60309-3.jpg
店内に入るとかつての春吉の頃とかなり変わって、
古民家を改造したような落ち着いた雰囲気にビックリ。
60309-4.jpg 60309-5.jpg
メインのフロアーには段差はないのだが、
ステージ横の席とか中2階の席には車椅子のアプローチは無理。
60309-6.jpg 60309-7.jpg
注文したのは「日替わりランチ」(800円)といきたかったのだが、
この日訪れたのは13:30を過ぎており、残念ながら売り切れ(涙)。
60309-8.jpg
仕方なく「カルボナーラ」(800円)を注文するが、
正直申しまして「日替わりランチ」を食べたかったというものでした。
それではトイレを拝見。
ステージの奥に存在し、辿り着くまでに20cmの段差を2段ほど
クリアーする必要がある。
開き戸でスペース狭く、洋式便器だが手すり関係なし。
60309-9.jpg 60309-10.jpg 60309-11.jpg

ところで僕は以前にタウン情報誌の会社に勤めていた頃、
ライブハウスの情報を紹介するページを担当していて、
その頃、先代の有田平八郎さんには本当にお世話になった経験がある。
いつぞやバンドマンの名前を間違えて掲載してしまい、
こっぴどく叱られてしまったこともある。
情報の大切さを心に刻んだ出来事として今でも自分の中に生きている。
日本中のジャズマンから尊敬され慕われる方だったのに、
ジャズのことなんて恥ずかしいくらいに何も知らなかった若造を、
バカにすることなく本当に優しく接してくださった。
2000年に亡くなられてしまったが、
少しでも接することが出来たことを今でもありがたく思っています。
懐かしいなあ(涙)。

ちなみにいろんなHPでの紹介記事はコチラコチラなど。

「ニューコンボ」鑑定結果:70ユニバ
福岡市中央区渡辺通5-1-22

クリックしていただけると励みになります。さて何位かな〜。
↓↓↓
banner_04.gif
posted by アサケン at 00:57| Comment(0) | TrackBack(1) | 飲食店(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ニューコンボのこと
Excerpt: ブログから検索 十九日2001年8月1日博多ニューコンボ. 2002年3月3日博多ニューコンボ以来の、. 三度目のライブ。(たしか). 上記ライブは行けませんでしたが、. 当日録音の音源凄い事なってま..
Weblog: キーワードフィッシュ
Tracked: 2008-10-18 18:32