2010年06月20日

いしい

「いしい」鑑定結果:67ユニバ
福岡市中央区警固2-16-11坂口ビル1階

日曜日、東区方面からのドライブの帰り道。
カミサンと娘が「行ったことのない蕎麦屋に行きたい」と言い出して、
いくつか寄るも、店休日だったりでフラれ続け、
最終的に辿り着いたのがこちら。
結局、警固まできてしまったが、別府の手前でなんとかセーフ。
こちらは昨年の6月ほどにできた、ちょい呑み蕎麦店といったところ。
それではユニバ・チェックをば。
店専用の駐車場はありませんが、
1本裏側の通りにコインPが存在しました。

00519-1.JPG 00519-2.JPG
店前に辿り着くと、まず車道と敷地の間に3cmほどの段差が1つ、
ほんでもって入口手前にも2cmほどの段差が1つ、
また、手動式引き戸なのだが、その足元にも、
なにやら砂利が敷かれておったりしました。
店内は入口からみると縦長方形のフロアで、
右手と手前左手にはテーブル席、
左手奥には厨房前にカウンターが存在しました。

00519-3.JPG 00519-4.JPG
我が家がこの日座ったのは、右手のテーブル席。
全ての席は、ちょっと重量感のあるベンチ式の椅子が使われており、
車椅子でアプローチする場合、動かすのがちょっと大変そうかなあ
といった印象をうけた。
まあ、お店の方が手伝ってくれるかもしれませんが。

さて注文したのは、私目がまず冷酒「能古見」(700円)と、
つけめん「豚バラ汁」(880円)。
00519-5.JPG 00519-6.JPG
カミサンがぶっかけ「とろろ」(780円)、娘が「ざる」(630円)。
こちらの店主はもともと、
隣のイタリアン「クリスティーズ」で働かれておったみたいですな。
その後、あの晴吉の「たらふくまんま」でも修行を積んだという
変り種な経験の持ち主とのこと。へ〜。
使用する蕎麦粉は北海道産を中心に国産もの、
毎日手打ちするという二八蕎麦は香りもコシもほどよく美味。
00519-7.JPG 00519-8.JPG
蕎麦好きの娘は、蕎麦湯割りも1滴残らず飲み干しておりました。
突然思いついた晩飯処であったが、2人も大満足の様子で、
私もホッと胸をなでおろす……って、俺は執事か!
それでは最後にトイレを拝見。
トイレは店右手奥の引き戸を出た先にあり、ビル共用のものみたい。
段差は少々、手すり関係のない洋式便器でした。

00519-9.JPG 00519-10.JPG 00519-11.JPG 00519-12.JPG
あと、場所は警固本通り沿い、サニーの斜め前ほどにございます。
ちなみにこちら、目利きのご主人ならではの酒の肴も魅力みたい。
次はぜひ、1人でちょい呑みに。

「いしい」鑑定結果:67ユニバ
福岡市中央区警固2-16-11坂口ビル1階

ちなみに、いろんなHPにおけるこの店の紹介記事はコチラコチラなど。


クリックしていただけると励みになります。さて何位かな〜。
↓↓↓
banner_04.gif
posted by アサケン at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店(うどん、そば) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック