2010年11月08日

鳥飼のうどん屋さん(正式名不明)

土曜日のこと。
2週に1度の鍛冶修業に
冷泉の「高柳商店」へ向かう途中。
昼に立ち寄った自宅近所の
うどん屋さんがこちら。

ただノボリに“うどん”と
書かれているだけで屋号もない。
つい最近まで角打ちだったんだけど
いつの間にかうどん屋さんに
変わっていたんだよなあ。

それではユニバ・チェックから
手動式引き戸の足元には段差なし。
店内はカウンターのみで5席ほど。

01106-1.JPG 01106-2.JPG
周りの壁には昭和チックなポスターなど
貼られており、以前の角打ち時代と
そんなに雰囲気が変わってない様子。
ということは、オーナーは同じで
業態を変更されたのかなと想像する。
01106-3.JPG 01106-4.JPG
というのも「ごぼう天うどん」(450円)
を頼んだんだけど、麺は冷凍だし、
天ぷらの揚げ方や麺の湯ぎりなど
どこかぎこちないし。
出来上がったものも、
なんだか付け焼刃的な味わい。

うどんはねえ、昔だったら
例えば脱サラしてすぐ始められる
ような商売だったのかもしれないけど。
最近のうどんはほんとレベルが
上がってるよなあ。
ここいらだって別府橋近くには
「和助」はあるし、最近202号線沿いに
「浪花うどん満永」ってところも出来たし。
それらは、ほんと修練を感じる味わい。

……がんばってください!
2年ほどたったらまた来てみます。

それでは最後にトイレを拝見
トイレは店奥に存在し、
ちょい狭の開き戸足元には段差なし。
手すり関係のない洋式便器でした。

01106-5.JPG 01106-6.JPG
あと、場所は城南区役所の
西隣にございます。

さ〜て、俺もバカにされんよう。
しっかり鍛冶修業に励まなのう。

「鳥飼のうどん屋さん(正式名不明)」鑑定結果:63ユニバ
福岡市城南区鳥飼6-1-18


クリックしていただけると励みになります。
さて何位かな〜。
↓↓↓
banner_04.gif
posted by アサケン at 21:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 飲食店(うどん、そば) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あれ、こんなトコにうどん屋が出来てるなぁと思ってはいたんですが、
そういう雰囲気の店でございましたか。
隣のパン屋さんの新規展開かと思っていたんですが……。
ちょい残念な感じです。

博多鋏の修行、頑張って下さいね〜。
免許を受けたら、是非「横向けて立つ鋏」をお願いしたいと思っております。
Posted by みおせる at 2010年11月09日 01:43
どもども、みおせるさん。
おお、我が鋏の顧客第1号(涙)、ありがとうございます。
しかし、大袈裟なんでしょうけど、
毎日やっても一人前になるまで10年はかかると言われるこの世界(号泣)。
2週に1度の私が果たして何年かかりますことやら。
どうぞ気長にお待ち下さい。
ではでは。
Posted by アサケン at 2010年11月11日 18:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック