2006年05月24日

千束(ちづか)

「千束」鑑定結果:60ユニバ
福岡市中央区高砂2-9-5

さて本日訪れたのはぬか床料理の専門店。
その味に魅せられたファンが県外にも多く存在する有名店だ。
店舗前には3台ほど停めれる駐車スペースあり。
玄関前には5cmほどの段差が1段存在する。
60515-1.JPG 60515-2.JPG
自力式の開き戸を開け店内に入ると、
まずは靴を脱いで2階へと上がることになる。
飲食スペースは2階にしかなく、
少々急な階段なので足の不自由な方は要注意。
60515-3.JPG 60515-4.JPG
2階は7人ほどが座れる掘りごたつ式カウンターがメインに、
3人ほど座れるちゃぶ台が存在するだけのこぢんまりとしたスペース。
カウンターの向こうにはまるで一般家庭の台所のような厨房が存在する。
60515-5.JPG 60515-6.JPG
僕が注文したのは「お昼定食」(1000円)。
といっても昼のメニューはこれのみ。
メインのぬかみそ煮が肉か魚か選べるのだが、
この日は少々遅い時間だったこともあり、魚しか残っていなかった。
さて出来上がってきた定食は、
なんちゅうかありがたい味がしました。
200年以上、代々受け継がれてきたぬか床らしいじゃありませんか。
残しでもしたらバチがあたりますよ。
60515-8.JPG 60515-7.JPG
でも本当においしいんで絶対残すことはないと思います。
ごはんがお代わり自由でして、
小食の僕がめずらしくお代わりしたほどです。
最後に煮豆にヨーグルトがかかったデザートが出てきました。
このデザートに関しては賛否が分かれるかも。
トイレは1階に存在。
スペースちょい狭、手すり関係はない洋式便器。
60515-9.JPG 60515-10.JPG

ちなみにいろんなHPにおける紹介記事はコチラコチラなど。

「千束」鑑定結果:60ユニバ
福岡市中央区高砂2-9-5


クリックしていただけると励みになります。さて何位かな〜。
↓↓↓
banner_04.gif
posted by アサケン at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店(定食屋) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック