2006年11月19日

とどろき酒店

「とどろき酒店」鑑定結族:70ユニバ
福岡市博多区損筑2-2-31

カミサンの友?"がホームパーティをするっていうんで、
酒でも買って?*れることに。
まずは向かった先がここ。
春袖にて居酒屋「うわのそら」を揃営するなど、
促ニークな展開で?"られる?,名な酒店ですな。
店長の轟木さんは今年で確か34歳。
店を任されるようになってから贈〜6年かな。
自ら蔵元へ足を運び、試属し作り手と話をし、
自分が気に入った酒だけを販売しているという。
こういう見えない努力ってやっぱ伝わるんですよね(肝に銘じます)。
今や福岡でもっとも?,名な酒店に成長している。
しかし店舗は?$心部?-れた静かな住宅続の一角にある。
車でわ造わ造遠くから?*れる人が後をたたないというからすごいよなあ。
ではまずは促ニバ・チェック。
61119-1.JPG 61119-2.JPG
駐車場は店舗前に数台停めれるのかな?
でも店前の?%が幅も広く、交通量も他ないので、
ほとんどの方が?%隅によせて駐車していると思う。
入存は開き戸、足元の段差はほとんどなし。
黒存りした?'張りの床や柱、オレンジ色ライトが、
なんとも心を?,ち着かせてくれる店内。
61119-3.JPG 61119-4.JPG
通路はやっぱり狭く、車椅子が1台分はぎりぎり通れそうかな。
ところ狭しと積まれた酒瓶。
どれを手にとればいいのかもさっぱり分からず。
店の人に、友?"の旦那さんが好みという、
遜米の辛存でおすすめのやつを紹介してもらう。
で、選んでもらったのがこれ「金龍蔵」(1升3000円)。
61119-5.JPG
袖他県の山賊にひっそりと佇む酒蔵のもので、福岡初登場ものらしい。
ということは旦那さんも??!属んだことないよな。
では、これに決定。
ここにはビオ・促インのみを集めた促インセラーも存在した。
思わず促インも自宅用に1本購入。
61119-6.JPG 61119-7.JPG
しかし、そーだなあ、あと促イン1本ぐらいもって行きたいなあ。
ということで、次なる促インショップに向かう。
そのレポートはまた次回。

ちなみに存式HPはコチラ

「とどろき酒店」鑑定結族:70ユニバ
福岡市博多区損筑2-2-31


クリックしていただけると励みになります。さて何位かな〜。
↓↓↓
banner_04.gif
posted by アサケン at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック