2007年04月15日

Perche No!?(ペルケノー)

「Perche No!?」鑑定結果:75ユニバ
福岡市中央区警固2-17-10SPAZIO-IVビル1階

月に1度はこういうとこで食事したいものです。
それは決して贅沢ではなく、なんだか自分の肥やしになるというか、
クリエイティブな仕事を見学に行くような、
美術館やコンサートに行く感覚と近いものなんですよねえ。
店名はイタリア語で「なぜだめなの?」といった意味。
常識にとらわれず新しいことに挑戦しよう
というオーナー・シェフのポリシーが込められている。
か、カッコイイ。
それではユニバ・チェックから。
70415-1.JPG 70415-2.JPG
入口は歩道に面したものとビル内に入ってからと2重にあり、
それぞれ自力式の開き戸、足下にはほとんど段差なし。
70415-3.JPG 70415-4.JPG
店内にもほとんど段差はなく、車椅子でも通れる広さも十分あり、
テーブル席にはアプローチも可能だと思う。
70415-5.JPG
さてオーダーしたのは5000円のプリフィックスによるコース。
選択したのは「サザエのオイル煮」「持田さんのフルーツトマトのサラダ」
70415-6.JPG 70415-7.JPG
「タラバガニのタリアテッレ」「フランス産鴨の黒豆ソース」
70415-8.JPG 70415-9.JPG
食事中、グラスワインを2杯飲んで
70415-10.JPG 70415-11.JPG
最後は「フルーツのジェラート」(娘行き)。
70415-12.JPG
前菜、パスタ、メイン、デザートとそれぞれ7〜8種類の中から選べる。
ということは軽く見積もってもオーダー・パターンは
2000以上あるということ!
その労力たるや半端じゃなかろう。
また感動した味わいの「持田さんのトマト」など、
シェフは自ら生産者を巡り、納得のいく食材を探してきているらしい。
まさに一切の妥協なしとはこのこと。
心の底から拍手を贈りたいです。
では最後にトイレを拝見。
トイレ入口前に10cmほどの段差が2段。
開き戸の扉の足元には段差なし、
手すり関係のない様式便器でした。
70415-13.JPG 70415-14.JPG
しかし、確かオーナー・シェフはまだ30代半ばだったはず。
恐れ入りました。

ちなみにいろんなHPでの紹介記事はコチラコチラなど。

「Perche No!?」鑑定結果:75ユニバ
福岡市中央区警固2-17-10SPAZIO-IVビル1階


クリックしていただけると励みになります。さて何位かな〜。
↓↓↓
banner_04.gif
posted by アサケン at 12:09| Comment(2) | TrackBack(1) | 飲食店(イタリアン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは!すごく美味そうな料理・・なんて思って眺めていたらトイレの写真に(?_?)ギョッ!趣旨をじっくり読んで納得しました。私も医療福祉にたずさわっておりますので、日頃から「ユニバーサルデザイン」を街や日常品デザインの基準にすべし!と考えていますが、まだまだ、優しい街づくりは入り口に達しただけの感がありますね。

今日は、アサケンさん さんのブログを私のブログに掲載させていただくために再び参上しました。

「九州沖縄ブログふれんず」という名称なんですが、九州沖縄の地域に根ざしたブログさんのリンク集を作成していきたいと考えていまして、ぜひ、こちらのブログを掲載させていただきたいのですが、いかがでしょうか?m(_ _)m

もしリンク掲載に不都合がありましたらご連絡いただけますと幸いです。お手数をおかけしまして申し訳ありません!また遊びにまいります。
Posted by 楽閑人 at 2007年04月15日 21:26
はじめまして、楽閑人さん。
掲載OKです。
1人でも多くの人がユニバーサルデザイン的な考え方の重要性を知っていただけると幸せです。
宜しくお願いします。
Posted by アサケン at 2007年04月17日 21:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

福岡ユニバーサルデザイン鑑定所
Excerpt: ■ブログ名:福岡ユニバーサルデザイン鑑定所 ■自己紹介文:福岡の公共的施設・交通・飲食店から便器、タン壺、鼻毛ヌキにいたるまで、ありとあらゆるもののユニバーサルデザイン達成率を100ユニバ満点で..
Weblog: 九州沖縄ブログふれんず  ブログに観る地域事情や旅グルメ
Tracked: 2007-04-15 21:30