2007年04月22日

家族の湯 ひだまり

「家族の湯 ひだまり」鑑定結果:75ユニバ
福岡県若宮市脇田温泉

福岡都心部からは40〜50分ってとこでしょうか。
脇田温泉ではもう有名な温泉旅館「楠水閣」。
そこが経営する日帰り専用の家族風呂施設がこちら。
70422-1.JPG 70422-2.JPG
施設すぐ前に広大な駐車スペースあり。
家族風呂は電話での予約は受け付けてないので、
現地で受付を済まし、満室だったら待つしかない。
この日は1時間半待ち。
70422-3.JPG 70422-4.JPG
受付横に漫画本なども置かれた小さな休憩室もあるが、
施設からちょっと坂を下った先に「湯乃禅の里」という
飲食店も数軒、軒を連ねた大浴場施設もある。
70422-5.JPG 70422-6.JPG
昼飯をかねた時間つぶしのためそちらに移動。
入店したのは「手打ちそば処 禅」。
注文したのは「丸天そば」(630円)と「そば定食」(1000円)。
70422-7.JPG 70422-8.JPG
店内はちょい狭、段差はほとんどないのだが、
テーブルやイスが詰まりすぎているため車椅子での入店は困難だろう。
70422-9.JPG 70422-10.JPG
昼飯を済ますも、まだちょっと時間があったため、
売店にて塩まめ大福を購入し、
売店前の通路のテーブルにてティータイム。
70422-11.JPG
とまあ結構有意義に時間をつぶせ、あっという間の2時間であった。
さて坂を上りなおし家族風呂施設へ。
休憩室で待っていると名前を呼ばれ「竹ん子」部屋に案内される。
この部屋の風呂はカメ風呂とヒノキの寝風呂とのこと。
70422-12.JPG 70422-13.JPG
入口は引き戸で段差なし、
脱衣所の前に10cmほどの段差1段(たぶん…すんません)。
お湯は1組づつ入れ替えてるみたいで、
入室するとお湯がまだ勢いよく噴出しており、いっぱいになると自動でとまった。
70422-14.JPG
洗面所にはドライヤーも設備(クシがないとカミサンは怒っておった)
シャワーのついた洗い場もある。
70422-15.JPG 70422-16.JPG
さて入りにくそうなカメ湯にはさすがに手すりが付いておったが、
ヒノキの寝風呂には手すり関係はなし。
しかし2つの浴槽があるということは一方を大人用に熱くして、
一方を子供も入れるぬるさにしてなど調節が可能で便利であった。
70422-17.JPG 70422-18.JPG
春先の温泉もこれまた極楽。
大分や熊本まで行かずともこんな温泉が楽しめるのは嬉しいこってす。
時々来ようって思える距離ですね。
それでは最後に共同トイレを拝見。
入口は開き戸で段差なし、スペースもまあまあな広さだが、
手すり関係はない洋式便器でした。
70422-19.JPG 70422-20.JPG 70422-21.JPG 70422-22.JPG
おっと忘れるとこでした料金は、
平日は60分、土日祝日は50分でどの部屋も2100円です。
タオル関係なし。

ちなみに公式HPはコチラ

「家族の湯 ひだまり」鑑定結果:75ユニバ
福岡県若宮市脇田温泉


クリックしていただけると励みになります。さて何位かな〜。
↓↓↓
banner_04.gif
posted by アサケン at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉(宿・施設) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック