2016年12月23日

博多 水たき 濱田屋

とある友人が計画してくれた飲み会〜。
寒〜い冬には、やっぱり鍋。
博多の鍋といったら水炊きでしょ!
ってとこまで2人で話してて、
彼お勧めのお店に
連れていってもらった次第。

それではユニバ・チェックをば
手動式引き戸の足元には
段差はないのですが
その手前の歩道と店舗敷地の間に
2cmほどの段差がひとつ。

161220-1.JPG 161220-2.JPG
1階フロアには椅子&テーブル席と
161220-5.JPG 161220-6.JPG
壁に向かったカウンター席と
がありました。

161220-3.JPG 161220-4.JPG
2階には宴会用座敷、3階には個室座敷
などもあるようでしたが
上階へは階段でしか
繋がっておりませんでした。


さて、いただいた料理は
事前に友人が注文してくれていたもので
お店のHPによると↓
http://mizutaki-hamadaya.jp/
3500円のコースだったみたいですな。

まずは、お鍋のスープをいただきます。
これ、水炊きのルールのようなもんですな
ここからスープの味わいが変わっていく
様を感じていくのが博多水炊きの
楽しみ方のひとつでもあります。
161220-7.JPG 161220-8.JPG
うん。透き通ったスープですが
しっかりとした鶏のコクを
感じるものでありました。

さて、まず出てきたのが「スモークチキン」
鶏の胸肉と鴨の山椒風味なるもの。
ほいほい、すぐさまこれにて
お酒を味わうことができる訳ですな。
口の中が準備OKの状態になります。
161220-9.JPG
そうしているうちに鍋に投入されたのが
ごろっとした鶏肉のぶつ切り。
なんでも赤鶏を使用しているようで
柔らかくコクのある味わいでした。
161220-10.JPG 161220-11.JPG
そして、そんな鶏肉を
食べ尽くせぬうちに運ばれてきたのが
今度は手羽先とモモ肉の揚げ物。
ひや〜、これまた鳥三昧のコースですな。
161220-12.JPG
さて、続いて鍋にはツミレやレバーが
投入されてさらに味わい深いものに。
161220-13.JPG 161220-14.JPG
で、最後に出てきたのが
なんと糸島豚のロースしゃぶしゃぶ
へーっ、最近の博多水炊きは
なんでもありって感じだなあ。
161220-15.JPG
まあ、美味しいからいっか。

と、ひととおり宴を終了したところで
友人に例のものを手渡しました。
危ないブツじゃありません(笑)
私の最新作の博多鋏だ。
高柳晴一氏のもとに弟子入りして7年。
ようやく売っても恥ずかしくないものが
出来上がったので、その初の一本目を
この友人に買ってもらったのだ。
お代は、この飲み代を出していただく
ってことで手を打った訳。
161220-21.JPG
まいどあり〜、ありがとね。
これを励みにこれからまた頑張るよ。

それでは最後にトイレを拝見。
トイレは2階にしかなく
階段で上っていくしがございません。
手すり関係のない洋式便器でした。

161220-17.JPG 161220-18.JPG 161220-19.JPG 161220-20.JPG
場所は地下鉄「呉服町駅」より
徒歩4分といったところ。
大博通りから冷泉公園側に向かう
冷泉公園通りに入り、2つめの角を
右に折れるとすぐ左手に
見えてまいります。

「博多 水たき 濱田屋」鑑定結果:62ユニバ
福岡市博多区店屋町3-33


あと、いろんなHPにおける
この店の紹介記事は
コチラや<コチラなど。
posted by アサケン at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店(和食) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445180370

この記事へのトラックバック