2017年07月12日

酒と肴と飯 ちーこば

九大跡地の再開発にともなって
最近の六本松はほんとなんちゅうか
勢いがありますなあ。
別府の我が家から歩いて行ける距離に
あるこのエリアが盛り上がることは
私にとっても嬉しいかぎりである。

そんな最近の六本松の魅力を物語る
大きな存在のひとつとなっているのが
「マツパン」ではなかろうか
あの「Pain Stock」で修行したシェフが
2016年2月にオープンさせた
パン屋さんで、現在もなお
行列が絶えない店として知られている。

我が家でも一度購入させていただいたが
確かにその美味しさときたら
間違いなしの一言。
いや〜、この味が
自転車で買いに行けるなんて
ほんと幸せを感じた次第。
170712-1.JPG 170712-2.JPG 170712-3.JPG 170712-4.JPG
「マツパン」鑑定結果:60ユニバ
福岡市中央区六本松4-5-23
この店のいろんなHPにおける紹介記事は
コチラや<コチラなど。
170712-5.JPG 170712-6.JPG 170712-7.JPG 170712-8.JPG
で、この「マツパン」が店を構える
古い長屋のような建物がまた魅力的で
そこにコーヒーショップやワインバー
雑貨店まで様々なユニークショップが
軒を連ねているんですねえ。

ということでこの日、
我が家3人で六本松探検と称し
晩飯処を探して辿り着いたのが
この長屋にあった居酒屋さん
170712-9.JPG 170712-10.JPG
それではユニバ・チェックをば
このお店、長く急な階段を上った
2階に存在しておりました。

170712-11.JPG
引き戸の入口を入ると
左手にテーブル席、右手にカウンター

が存在し、裸電球の優しさと
大きな窓が心象的で
アットホームな雰囲気もあり
居心地のいい空間でございました。
170712-12.JPG 170712-13.JPG
さて注文したのは
「もろQ」(450円)
「骨付鶏もも唐揚」(1個300円)
170712-14.JPG 170712-15.JPG
「白るみ貝刺」(780円)
「手羽先煮込み」(1本300円)
170712-16.JPG 170712-17.JPG
「熟成牛タンテキ」(1800円)
「筍の天ぷら」
170712-18.JPG 170712-19.JPG
「とろろめし」(450円)
170712-20.JPG
いや〜、子供は飯、両親は酒と肴
といった楽しみ方ができる
我が家にとってはピシャリな
まさしく“酒と肴と飯”処。
こりゃあこれからもちょくちょく
利用させていただきまっせ。

それでは最後にトイレを拝見。
開き戸の足元には段差なし
手すり関係のない洋式便器でした。

170712-21.JPG 170712-22.JPG
場所は元九大跡地の
裏側といったところにございます。

「酒と肴と飯 ちーこば」鑑定結果:50ユニバ
福岡市中央区六本松4-5-22 2階


あと、いろんなHPにおける
この店の紹介記事は
コチラや<コチラなど。
posted by アサケン at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店(居酒屋) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451740210

この記事へのトラックバック