2020年05月16日

コークス炉 vol.2

手動のコークス炉…
やはりコークスに火をつけるだけで
相当な体力を消耗するために
かなり効率が悪い。

フイゴともいえる手動の風で
火造りをすることに憧れもあったのだが、
…電気の力を借りることに。

本来なら燃えカスのコークスを
排出する穴に鉄管を通し
ブロアーで風を送ってみた。

なかなかいい。
これだったら鍛接時に必要となる
1000℃という温度にも楽に届きそうだ。



よし、我が鋏づくり
スタートだ。
【関連する記事】
posted by アサケン at 14:37| Comment(0) | 鍛冶修業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: