2007年07月20日

大阪風たこ焼き たこ丸

「大阪風たこ焼き たこ丸」鑑定結果:68ユニバ
福岡市城南区別府2-10-22

これから紹介するこのお店のレポート、
2日に渡っての出来事となっております。

僕としては珍しくモーレツにお腹がすいた昼下がり。
そういえば以前、誰かに「ここ意外とおいしい」
と聞いていたたこ焼き屋さんへ。
まずはユニバ・チェックから。
70720-1.JPG 70720-2.JPG
本来テイクアウトのお店なんでしょうが、
店内には3席のカウンターもありました。
イートインだとバリアフル、テイクアウトだとバリアフリー
となる物件ですね。
この日、僕はイートインにて利用する。
70720-3.JPG 70720-4.JPG
先にも述べたように、お腹ぺこぺこだったものですから、
6個入りのたこ焼き1皿では足りそうになく、
「普通のたこ焼き(300円)と、葱カレーたこ焼きってやつをください」と注文。
するとおばちゃん、ビックリしたようにこっちを見て。
「2皿も食べるんですか」
「だって6個入りしかないんですよね」
「ええ。でもやめといたがいいですよ。若いのならまだしも」
おいおい、アットホームにもほどがあるぜ、おばちゃん。
「それに、足りないぐらいがちょうどいいんだって」
と無理矢理1皿にさせられる。
で、出てきたのはさらさらマヨネーズのかかった美しいたこ焼きちゃん。
表面サックリ、中空洞状でトロトロの絶品もの。
70720-5.JPG
しかし、案の定1皿では足りず、帰りにコンビニでおにぎりを買う羽目に(涙)。
ちくしょう! こうなったら何がナンでも本日食べ損なった
あの「葱カレーたこ焼き」(450円)ってやつ、意地でも食ってやる。
と次の日、再来店。

70720-6.JPG
「いらっしゃい」(おばちゃん僕のことを覚えてない様子)
「葱カレーたこ焼きってやつをください」
すると、またまたビックリしたようにこっちを見つめて
「珍しいですね」
そして、冷蔵庫から材料をとりだしながらおばちゃん
「実は私、この葱カレーたこ焼き、あんまり好きじゃないんですよ」
じゃああああ、やめればいいじゃん。
「でも、常連さんで1人だけ大好きな方がいらっしゃって、
どうしても食べたいって言うもんですから。なんでもビールに合うらしいのよ」
で、出てきたものは、なるほどおばちゃんが言うのも分かるような見た目。
70720-7.JPG
「どうですか?お味は」
「んんん、こ、個性的な味ですね」
「ははは、そうやろ、旨いとは言えんでしょう。
しかも450円も出してよ。
私やったら食べようなんて、いっちょん思わんですよ」
俺、号泣!!

しかし、不思議と頭にこないんですよね。
おばちゃんは、なんでも2年ほど前に先代から暖簾を譲り受けた2代目とのこと。
しかし単価の低いたこ焼きは、なかなか大変な商売らしいですな。
でも、体調を崩し久々に店を再開したときのこと
「ちょっとよその店に浮気してみたけど、
やっぱ、おばちゃんの作るたこ焼きが一番ウマイ」
と言ってくれたお客さんがいっぱいいて
「そんな喜びだけが支えですよ」と言っておりました。
みんな、おばちゃんとおばちゃんの作るたこ焼きを愛してるんだろうなあ。
なんだかんだいって、温かい気持ちにさせてくれるお店でした。

ちなみにいろんなサイトにおけるこの店の紹介記事はコチラコチラなど。

「大阪風たこ焼き たこ丸」鑑定結果:68ユニバ
福岡市城南区別府2-10-22


クリックしていただけると励みになります。さて何位かな〜。
↓↓↓
banner_04.gif
posted by アサケン at 20:01| Comment(0) | TrackBack(1) | 飲食店(お好み焼きそば) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

たこ焼きにしか見えないシュークリーム
Excerpt: 先日、駅の掲示板にこう書いてありました。 「もう探さないでください・・・。ウォー
Weblog: きっと日刊じゃんくま新聞
Tracked: 2007-09-11 09:46