2005年07月12日

麺劇場 玄瑛

「麺劇場 玄瑛」鑑定結果:20ユニバ
福岡市中央区薬院2-16-3

どうして“麺劇場”かと申しますと、
店内全体が劇場のような造りになっているから。
雛壇式の客席に座った客は全員前方をむいており、
前方下では舞台に見立ててられた厨房が存在する。
711-4.jpg711-2.jpg
で、その舞台(厨房)で職人が作る自分のラーメンを眺めながら、
出来上がるのを待つという仕組みになっているのだ。
なんともユニークな演出でございますが、
ユニバ・ブログ的には問題ありまくり。
玄関部分には10cmほどの段差が1段。
トイレは室内自体はまあまあの広さがあるのだが、
そこに続く通路がせまく、室内もダウンライト。
711-1.jpg711-5.jpg
そしてフロアーはなんといっても客席が雛壇式ですから、
中央の階段を使って3段に別れた客席に着くしかなく、
車椅子使用者にとってはまず楽しめないもの。
でも、アイディアは素晴らしい。
こんなラーメン屋があっても全然OKだと思う。

注文したのは「玄瑛流ラーメン」(650円)。
711-3.jpg
ほんのりと焦がしニンニクが香る骨太のラーメンでありました。

「麺劇場 玄瑛」鑑定結果:20ユニバ
福岡市中央区薬院2-16-3
posted by アサケン at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店(ラーメン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック