2005年07月28日

BRAVA(ブラーヴァ)

「BRAVA(ブラーヴァ)」鑑定結果:80ユニバ
久留米市天神町152-4

久留米にめちゃくちゃ美味しいピザがあると聞いて早速訪問。
西鉄久留米駅から歩いて5分ほどのところにあった。
白壁に赤い扉が印象的な外観。
すぐ隣りにコインPもあった。
724-3.jpg724-1.jpg
入口には段差解消板がされてあり車椅子でも入れそう。
店内も白壁が清々しく、フロアーに段差は一切なし。
724-5.jpg724-4.jpg
トイレ入口には段差はないが設備&広さはいたって普通。
カウンター向こうに薪窯が見える。
724-12.jpg724-6.jpg
これか。なんでも本場にこだわるがあまり、窯にもこだわり、
本場のイタリアから45日かけて海を越えてやってきたものらしい。
高熱、短時間で焼き上げるために
表面はサクっと中はモチっとした仕上がりなるらしい。
で注文したのは、
「アッチューゲ(シチリア産アンチョビ使用)」(800円)
「カルボナーラ」(850円)
724-11.jpg724-10.jpg
あとプラス200円でサラダ、ドリンク付きにしてもらった。
724-7.jpg724-8.jpg724-9.jpg
イタリア産の小麦粉や自然海塩など生地の素材にもこだわっている。
わざわざ久留米まで来た甲斐のある味わいであった。

「BRAVA(ブラーヴァ)」鑑定結果:80ユニバ
久留米市天神町152-4
posted by アサケン at 10:56| Comment(0) | TrackBack(1) | 飲食店(イタリアン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

自然海塩とは?(しぜんかいえん)
Excerpt: 自然海塩とは、専売公社で販売するもの塩と差別化するために用いられた商業用語。 塩業整備事業に反対する陳情活動等を行っていた昭和54年(1979年)の日本食用塩研究会発足時、川島四郎氏が『本物の「塩」..
Weblog: 現代塩用語の基礎知識
Tracked: 2008-03-06 01:06