2016年06月30日

薬草茶屋

熱い季節が近づいてまいりました。
まだ若い頃にはワクワクする気持ちも
あったと思うのですが…
50歳手前のオッサンとなった今では
夏バテによる体調不良が憂鬱なばかりで
嬉しくともなんともありません。
もうすでに体調不良になりかけた
体をひきずり冷泉町界隈を
ウロウロとしていたときのこと
ふと目に入ったのがコチラのお店。

それではユニバ・チェックから
入口はボタン式自動ドア
足元手前に5cmほどの段差がひとつ。

160629-1.jpg 160629-2.jpg
店内に入ると右手に
春ウコンを中心とした
健康食品が陳列されたスペースあり
その反対側の左手に小ぢんまりとした
テーブルが2卓存在しました。
160629-3.jpg 160629-4.jpg
奥にはカウンターもあるのですが
カウンターむこうには
厨房と事務スペースもありました。
160629-5.jpg
店内で目にした
『ウコンワールド アスカ』↓
という会社名があったので
自宅に帰ってネットで調べたところ
http://ukon-aska.com/index.php
なるほどウコン製品の販売業が
メインの会社が営まれている
カフェのようですな。

さて、メニューはというと
日替わりとカレーしかなく
日替わりが終わってしまった
とこのとだったので
「ウコンライスカレー」(500円)
をオーダー。
もずく酢or島らっきょ付が選べ
もずく酢を選択。
160629-6.jpg
なんでもウコンを入れ炊き上げた
ライスを使っているようですな。
ルーは素材が分からなくなるほど
煮詰められドロッとしており
辛味はさほどないカレーでした。
まあ味はフツーかなあ。
“薬草”というからには
もうちょっと良薬口に苦しといった
インパクトがあってもいいのに
と個人的には思った次第。

それでは最後にトイレを拝見
トイレは店奥に存在し
開き戸の足元には段差なし
手すり関係のない洋式便器でした。

160629-7.jpg 160629-8.jpg 160629-9.jpg 160629-10.jpg
場所は冷泉公園のほど近く。
冷泉公園の角にある冷泉町交差点
から大博通り側に入ると
すぐ右手に見えてまいります。

「薬草茶屋」鑑定結果:62ユニバ
福岡市博多区冷泉町8-17まるじんビル1階


あと、いろんなHPにおける
この店の紹介記事は
コチラや<コチラなど。
posted by アサケン at 18:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 飲食店(カレー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月23日

ALA COFFEE

我が家では、
突然コーヒーが飲みたくなっても
ほぼほぼ困ることがない。
というのも、我が別府の自宅から
歩いて5分もかからないところに
こちらのコーヒーショップがあるからだ
営業時間も9:00〜22:00ということで
ほ〜んとありがたく思っている。

本日は珈琲豆のみを購入しに訪ねた次第
ということでユニバ・チェックも
出来る限りのことでしかないことを
お許しください。
それではまず入口手前には段差なし
手動式の開き戸足元にも
段差はありませんでした。

150523-1.jpg 150523-2.jpg
店内はカウンター中心で
カウンターの背中側に小さなテーブルと
店内奥の方には10cmほどの段差の先に
4人掛けのテーブル席も見えました。
150523-3.jpg
さて、購入した珈琲豆は
「グアテマラ」(100g 600円)
酸味が少なく苦味が強い印象があって
個人的に好みに思っている
豆なんだよなあ。
150523-4.jpg 150523-5.jpg
ということで自宅に持ち帰り
封を開けた瞬間の、ん〜
この香りがたまらないんだよなあ。
深入りの表情も男前ではありませんか。
150523-6.jpg 150523-7.jpg
では早速淹れてみると、ほほー
思ったより苦味も強くなく、
スッキリ飲めるといった感じ。
150523-8.jpg
こりゃ数日楽しめそうだ。

ちなみに店名にもなっている
ALA(アラ)とは、ラテン語で
「翼」という意味らしいですな。
「街角で翼を休める場所を」という
想いが込められてるみたい。
次回はぜひ店内で。

場所は202号線沿い。
六本松から別府橋を渡ると
すぐ左手に見えてまいります。

「アラコーヒー」鑑定結果:60ユニバ
福岡市城南区別府3-1-3


あと、いろんなHPにおける
この店の紹介記事は
コチラや<コチラなど。
posted by アサケン at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月28日

よかたい ほろよい通り店

ちょいと実家のある
宮崎県延岡市に帰省しており
3日ぶりに福岡へと戻ったこの日。
JR博多駅に降り立ち
このまま自宅へと帰るのがなんとなく
味気なく感じたもんで
ふらりと立ち寄ったのがこちら。
なんだか福岡市民じゃない人も
たくさんいるんだろうなあ
って気がしてそんな雑踏の中が
物思いにふけれて好きなんだよね
JRの旅の終わりはかなりの確率で
ここに立ち寄る次第。
150425-1.jpg
それではユニバ・チェックですが
『博多デイトス』や『博多ほろよい通り』

は以前このブログでもコチラや<コチラ
で紹介したことがありますので
その時の記事もあわせてご参照ください
まあ天下のJR博多駅さまですから
段差は基本的にございません。

さて今回、入店したこちらの立ち呑み酒場
そういえば以前コチラ
で紹介した『総本山』に訪問したのを
紹介したことがありました。
そんな記憶はすっかり忘れて
この日、一番にぎわってた店に
偶然1席だけ空いたカウンターを見つけ
素早く座っただけであった。
150425-2.jpg 150425-3.jpg
さて注文したのは
まずはハイボール、そして
「もつ煮込み」(250円)
150425-4.jpg
「手羽先唐揚げ」(1本102円)
「鶏皮」(1本102円)
「串カツ」(1本186円)
150425-5.jpg 150425-6.jpg
安かったもんでいい気になって
注文していたのですが
意外と一個一個がでかく
ちと後悔してしまいました。
味うんぬんということではなく
少ない摘みでサクッと呑んで
激安で済ますのがこの店の
正しい使い方のような気がしました。

隣の常連らしきオジサンが
僕が上着を膝の上に置いていたのをみて
「この籠の中に入れるといいよ」といって
店員さんに籠を持って来させてくれたのが
やけに嬉しかったっす。

「よかたい ほろよい通り店」鑑定結果:70ユニバ
福岡市博多区博多駅中央街1-1博多デイトス1階


あと、いろんなHPにおける
この店の紹介記事は
コチラや<コチラなど。
posted by アサケン at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店(居酒屋) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月26日

目利きのたか志

久々に会う大切な方との会食。
場所に選んだのは
割烹居酒屋といえるこちらのお店
なんでもミシュラン星を獲得した
大阪の居酒屋『ながほり』で
修業をされたご主人が
営なまれているとのこと。
とあるグルメライターの方に
ちょっと前に「おすすめ」と聞いていて
いつか行く機会をうかがっていたのだが
ようやく念願叶った次第。

それではユニバ・チェックから
入口前には10cmと
15cmほどの段差が2段。
入口扉は手動式の引き戸。

160323-1.jpg 160323-2.jpg
店内に入ると奥に長細い空間が現れ
入口から見ると左手にカウンター
右手にテーブル席があり
奥には個室もあるようでした。

160323-3.jpg

さて、まず注文したのはビール。
そして突き出しに出てきた
ごま豆腐の揚げ出しの美味さに感動。
160323-4.jpg
当然これから注文する料理への
ワクワク感は高まる高まる。
そんな中、注文したのは
「ヨコワマグロのお造り」(500円)
「ゴマサバ」(680円)
160323-5.jpg 160323-6.jpg
「クリームチーズと
しそのパリパリ揚げ」(580円)
「もも肉塩焼き」(980円)
160323-8.jpg 160323-7.jpg
「新玉ねぎの揚げ出し」(580円)
「せせりの唐揚げ」(780円)

店構えから想像して
この値段だとかなりポーションが
少なめに違いないと読んでいたのですが
なんのなんの結構なボリュームが
あるではありませんか。
予定外に満腹になってしまいました。
しかし、全て美味しいですから
ぜんぜん後悔なんてありません。
160323-9.jpg
気づけば秋田の日本酒
「新政」(4合瓶3200円)まで注文して
たんまり日本の美味を
堪能させていただきました。

それでは最後にトイレを拝見
開き祖の手前には段差が1段。
手すり関係のない洋式便器でした。

160323-12.jpg 160323-11.jpg 160323-13.jpg
最後には注文になかった
日本酒プリンもサービスしていただき
大変気持ちのいい夜を
過ごさせていただきました。
ごちそうさまです。
160323-10.jpg
場所は、大博通りから
冷泉公園通りに入り
『カフェ ブラジレイロ』がある角を
左に折れると右手に
見えてまいります

「目利きのたか志」鑑定結果:63ユニバ
福岡市博多区店屋町2-30


あと、いろんなHPにおける
この店の紹介記事は
コチラや<コチラなど。
posted by アサケン at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店(居酒屋) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月28日

くら寿司 福岡飯倉店(2回目)

我が家ご用達の回転寿司チェーン店。
初めて利用した際の様子は
もうずいぶん前、コチラ↓で
http://uinversal.seesaa.net/article/145776611.html#more
紹介させていただいたことが
ありますが、今回はまた
いつもと違った利用の仕方を
経験したものですから
2回目の紹介とあいなりました。

さて、日曜日ということもあり
いつものようにカミサンは
「日曜日に晩御飯なんて作りたくない」
とのこと。
では、外食をしようと
なるところですが、今回は
ムスメが部活動をズル休みしており…
「外食しているところを
先輩に見られたら殺される」
とのこと。
そこで、お持ち帰りを利用し
家で食べましょうとなった次第。
やれやれ。

というこで、ユニバ・チェックですが
それは以前の記事を↑ご参照ください。


まず、レジカウンターにて
お持ち帰り利用の旨を伝えると
注文票をもらえます。
160228-1.jpg
希望の品にチェックを入れ
カウンターに戻すと
「○○分後には出来上がります」
と言われるので、その時間にあわせて
他の所で買い物を済まし
再び店を訪れる。
するってぇと、しっかり
持ち帰り用の袋に収まった
寿司たちが準備されており
ここで、料金を支払い
家路につくという流れ。
160228-2.jpg
注文はお店で食べるときと同じく
1皿2貫単位。
全てのメニューが注文可能では
ありませんでした。
値段も同じく1皿100円。
となると席利用代ないのに
お持ち帰りは損やない?
という気分にちょっとなるかなあ。
160228-3.jpg 160228-4.jpg
まっ、今回は仕方なしの利用法。
回転寿司はやっぱ
お店で食べるのがイチバンですな。

場所は国道202号線沿い
原小学校の前ほどにございます

「くら寿司 福岡飯倉店」鑑定結果:50ユニバ
福岡市早良区飯倉3-21-39


あと、いろんなHPにおける
この店の紹介記事は
コチラや<コチラなど。
posted by アサケン at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店(和食) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする