2015年10月17日

文治

巷はもうすっかり秋ですが
この食べ歩記、夏だった頃のものです
貴重な昼呑み友人と昼に、しかも
仕事が休みの平日に訪ねたのがこちら
おまけに勢力が弱まった台風も
上陸していた日で、店内はガラガラ
貸し切り状態で楽しめました。

それではユニバ・チェックから
入口手前には20cmと15cmほどの
段差が2つ。足元には砂利が
敷き詰められ、飛び石のような
装飾もあり、ユニバ的には
厳しいと言わざるをえんでしょう。

151013-1.JPG 151013-2.JPG
店内に入ると右手に厨房前のカウンター
左手に小上がり掘りごたつ式の
テーブル席がありました。
奥には半個室のようなテーブル椅子席
もあり、この日はこちらに通された次第

151013-4.JPG 151013-3.JPG
さて、注文したのは
「生マグロぶつ」(780円)
「おでん」、大根(200円)
あつあげ(150円)、春菊(120円)
ニラ玉(280円)
151013-6.JPG 151013-7.JPG
「奈良漬マスカルポーネ」(480円)
「牛すじ・牛もつ煮込み」(480円)
151013-8.JPG 151013-9.JPG
「白貝酒蒸し」(680円)などなど
151013-10.JPG 151013-5.JPG
いや〜、昼間からこんな
クオリティの高い肴で飲めるところは
そうそうないのではないでしょうか
しかも南区の清水四つ角で
「なぜ?」って感じです。
ちなみにこちらでは、普通に昼は
ランチもされているようです。
こりゃあ時々、重宝させていただきます

それでは最後にトイレを拝見
トイレは店内の一番奥に存在し
開き戸の足元には段差少々。
手すり関係のない洋式便器でした
151013-12.JPG 151013-13.JPG 151013-11.JPG
あと場所は日赤通り沿い
清水四つ角交差点にございます。

「文治」鑑定結果:60ユニバ
福岡市南区玉川町17-23ラフィネ高宮102


あと、いろんなHPにおける
この店の紹介記事は
コチラや<コチラなど。
posted by アサケン at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店(居酒屋) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月27日

創作鋏('15年9月製作・5寸)

さて、久々にこのジャンルの記事を
更新させていただきます。
かれこれ2008年の9月から
修業させていただいてるんで
この9月でまる7年になるんですな。
ははは、けっこうな修業期間だなあ。
博多鋏の鍛冶職人・高柳晴一氏
のもとでの鍛冶修業、
しぶとく続けておりますよ〜(^_^)

で、この度、完成しました新作がこれ。
ちょっと不格好な鋏ではありますが
これ画期的な鋏なのでございます。
どこが?と申しますと
なんとこれ、ナイフとハサミを
合体させたアイテムなのであります。
150927-1.jpg 150927-2.jpg
博多鋏の特徴として
ムネ鎬(しのぎ)というのがあるのですが
普通は切れる刃の方にだけ
鎬(斜めになってるとこ)があるのですが
博多鋏はその反対側にも鎬があって
これをムネ鎬と呼んでるんですな
150927-3.jpg
で、僕のあふれる才能が
せっかく鎬があるのなら
ここにも刃をつけてしまえという
発想をもたらしたのです。
そしたらそこは切り出しナイフとして
使えるだろうと。
例えば工作をしているとき
ここはカッターで切りたい
ここはハサミで切りたい
と思うときありますよね。
そんな2つの要望を1本で叶える
ことができるアイテムがあったなら。
イメージしたのは
肥後守↓と博多鋏を
http://www.higonokami.net/
合体させたようなものでした。
150927-4.jpg 150927-5.jpg
いや〜、よくないですかこれ。
こんなアイテム考えつくのは
世界広しといえども僕だけだろうと…
思っていたのですが…
http://kaminodesign.way-nifty.com/blog/2013/11/post-bf68.html
なんだよ〜いくつかあるじゃんよ〜↑
人間考えつくことは同じやね
は〜あ…まっでも、
工芸品的魅力は俺の方が
あるんじゃない?
わっはっはっは〜。
posted by アサケン at 18:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 鍛冶修業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月28日

清香園 飯倉店

もう夏休みも終わってしまいますが
こちらの食レポは、7月のこと。
まだ娘の夏休みが始まって
間もないころのものであります。

1学期の成績がまあまあだった娘に
「ご褒美メシは何がいい」
と尋ねたところ
「焼肉!」
というので訪ねたのがこちら。
ご存じ長崎に本社を持つ
創業55年のチェーン焼肉店。
今や福岡市内だけでも9店舗
を展開しておるみたいですな。
こちらの飯倉店は今年の
4月にオープンしたようです。
150826-1.JPG 150826-2.JPG
それではユニバ・チェックから
まずは駐車場ですが
かなりの台数停めれる広々とした
店専用の駐車場あり。ちなみに
車椅子専用のスペースは
なかったのですが、車椅子使用者が
ドアを全開にして降りれそうな
スペースはいくつか存在しました。

150826-3.JPG
エントランス部分には一切段差なし
入口は自動ドアで、店内の通路にも
段差はありませんでした。
ところでこちらの店舗では
全ての席が個室状態になっており
この日我が家が通された部屋は
足元に段差のない引き戸の先にある
テーブル席ではあったのですが
車椅子でアプローチできそうな
空間的余裕はありませんでした。

150826-4.JPG 150826-5.JPG
公式ホームページによりますと↓
http://www.1129.cc/area3_iikura.html
座敷の個室や
キッズスペース付き個室も

あるらしいのですが
今回は見てくることが
できませんでした。
あしからず。

さて、注文したのは
『清香園盛り合わせ』
(3〜4人前5600円)。
カルビ、ロース、ミノ、ホルモン
タン、ハツ(それとチシャ付き)
といった内容がひと盛りになったもの。
150826-6.JPG 150826-7.JPG
このごろ流行りの食べ放題系の焼肉店は
やっぱり肉質が悪いような気がして
小食の我が家では不評でありまして。
そこへいくとこちらは
すべて九州産黒毛和牛のみを
使用されているとのこと。
超極上とまではいきませんが
それなりの焼肉をそれなりの値段で
食べたいって方にはおすすめかなあ。
中流家庭の我が家には
ピッタリでございました。

それでは最後にトイレを拝見。
開き戸の足元には段差なし
手すりのある洋式便器でした。

150826-8.JPG 150826-9.JPG 150826-10.JPG 150826-11.JPG
あと場所は
国道202号線を荒江交差点から
早良街道を飯倉側に入ると
左手に見えてまいります。

「清香園 飯倉店」鑑定結果:70ユニバ
福岡市城南区飯倉1-7-26


あと、いろんなHPにおける
この店の紹介記事は
コチラや<コチラなど。
posted by アサケン at 00:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 飲食店(焼肉、韓国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月31日

遠藤商店

とある花火をバラ売りで
購入したかったので
綱場にあるこちらの玩具問屋さんを
訪ねてみた次第。
なんでも明治43年創業の
玩具・駄菓子の卸売をしているところ
なのですが、一般の人にも小売を
してくれているんですねえ。

それではユニバ・チェックから
歩道と店舗の前に5cmほどの
段差がひとつ。
奥にある入口は手動式の引き戸で
その足元にも段差が少々。

150730-1.jpg
わたしゃ初めて訪れたのですが
ほんと倉庫のようなところで
様々な駄菓子やおもちゃが
売られているんですねえ。
こりゃあ子供たちだけでなく
昭和生まれのオジサンにとっても
夢のような空間でございました。
150730-2.jpg
ただ、段ボールがところ狭しと
並べられているので
車椅子が行き来できるような
スペースはなかったかなあ。


で「花火はありますか?」と尋ねると
さらに奥のさらに倉庫っぽい空間に
案内してくれ、そこで無事
欲しかった花火を
見つけることができました。
150730-3.jpg 150730-4.jpg
さて、この花火
どうして必要だったかというと
今、僕が働いてる
障害者支援施設のみんなに
観てもらおうと思ったからであります
うちの利用者さんは
自分で花火を持つこともできない方が
たくさんいらっしゃるので
このドラゴン花火がイチバン!
だと思ったんですね。
150730-5.jpg
案の定、歓声があがるほど
喜んでいただけました。
いや〜、よかったよかった。

それでは、このお店の場所ですが
明治通りの土居通交差点から
海側に入り、最初の角を
大博通り側に曲がり
しばらく進むと左手に
見えてまいります。

「遠藤商店」鑑定結果:65ユニバ
福岡市博多区綱場町6-4


あと、いろんなHPにおける
この店の紹介記事は
コチラや<コチラなど。
posted by アサケン at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月25日

atoma(アトマ)

久しぶりに会う友人たちと飲み会。
お店も日時もぜ〜んぶ設定してくれて
ああ、持つべきものは友と感謝する
幸せな時間を持つことができた次第。
で、会場となったのがコチラ
カフェ&バルといった
スペイン料理のお店みたいですな。

まずはユニバ・チェックから
入口は手動式の開き戸
その手前には15cmほどの段差が
ひとつ存在しました。

15625-1.JPG 15625-2.JPG
入口を入ると左手に厨房とカウンター
奥のフロアにテーブル席があり
まあまあ、広めのスペース
といった印象でした。

15625-3.JPG 15625-4.JPG
さて、まずオーダーしたのは
スペイン産ビール「マオー」(750円)
せっかくですからスペインを
存分に楽しもうってことで。
15625-5.JPG 15625-6.JPG
で、フードは
「イベリコの盛り合わせ」(2500円)
「エビとアボガドの
アリオリソース和え」(850円)
15625-7.JPG 15625-8.JPG
「白身魚とひよこ豆の
バスク風煮込み」(1500円)などなど
15625-9.JPG
そして、ワインを白と赤それぞれ
ボトルで2本いただきました。
15625-10.JPG 15625-11.jpg
入口の外には
護国神社の緑も見え
可愛くオシャレな店内は
大変居心地のいいものでした。
気さくな仲間との飲み会には
最適ともいえるこの場所を
教えていただいた友人に
心の底から“ありがとう!”
と伝えさせていただきました。

それでは最後にトイレを拝見
入口手前に10cmほどの段差が2段
引き戸の足元には段差なし
手すり関係のない洋式便器でした。

15625-12.JPG 15625-13.JPG 15625-14.JPG 15625-15.JPG
国道202号線沿いにあり
六本松交差点から国体道路方面に
進むと右手に見えてまいります。
国体道路の赤坂3丁目交差点の
ちょい手前にございます。

「atoma」鑑定結果:67ユニバ
福岡市中央区六本松3-16-28大濠ハイツ1階


あと、いろんなHPにおける
この店の紹介記事は
コチラや<コチラなど。
posted by アサケン at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店(ダイニングバー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする